<< 上高地スノーハイク 大雪の中ソースカツ丼を食べる >>

スノーシューについて

もうシーズンは終わりに近づいておりますが・・・



この時期は“スノーシュー”のキーワードで立ち寄られる方も多いようなので、ひとつ紹介を(´∀`)
あ、でもスノーシューを探しているかどうかは微妙ですが・・・( ・∀・)



私のスノーシュー
b0213806_23224099.jpg

アマゾンだったか楽天だったかで購入したドッペルギャンガーのスノーシュー。
6000円以下で購入できる激安スノーシューです(*´艸`)






メリットは安さ。


デメリットは、

急斜面に弱い(フレームが丸いのでグリップが効きずらい)
ザックに付け難い(ビンディングが邪魔して2つをピッチリ重ねられない)
ちょっと歩きにくい

くらいでしょうか。
結構あるな( ・∀・;)


急斜面に弱いけど、平らなところをワシワシと歩くぐらいなので問題ない。
入笠山くらいの斜度なら大丈夫

ザックに付け難いけど、大体スノーシューを楽しむときはスタート時から履くことの方が多いので問題ない。



ちょっと歩きにくい


これは由々しき問題です!


今まではそれほど気にならなかったのです。こんなモンでしょーってな感じで。
このスノーシューを履くまでは・・・
b0213806_23314383.jpg

八島湿原スノーシュー時に借りたものです(´∀`)

ポイントは形。
この雫型というのがミソでして、写真のように歩行時必要以上に足幅を取られず、より自然な足運びで歩くことが可能なのです\( ・∀・)/
(今の主流は浮力を求めた小判型だそうです)
ヒールフリーというのも一役買ってますよね~♪

2~3時間のハイクだったのでなんとも言えないかもしれませんが、歩くときにスノーシューが気にならない優れものだったことは間違いありません!!


ストレスフリーだよ~欲しくなっちゃった(*´艸`)
メーカーは分かりませんが、おフランス製とのことでした。
多分TSLじゃないかなと

ざっと探したところ同じものを見つけられなかったので、この紹介も意味あるのか( ・∀・)??という感じですが(笑)
軽さとかも重要ですが歩きやすい形もひとつのポイントですよ~ということで。







先週ソチオリンピックが終わってしまいました。
またしても抜け殻のワシ・・・


滑降のありえないスピードで滑り落ちていく迫力に震え、カーリングの知力を尽くした戦いに唸り、
モーグルやハーフパイプの華麗な技に歓声を上げたと思ったら、フィギュアスケートのあまりにもドラマチックな結末に夜中1人で泣く。



どうも私は、見てるとやってみたくなる性質らしく


カーリングのショット姿勢をリビングで再現してみて、股関節がグキッとなり
フィギュアスケートのスピン姿勢をキッチンで再現してみて、腰がメリッとなった上に寝違えを悪化させたり

そんなことをしてやっと、「あの人たちタダモノじゃないよ(((゜д゜;)))!!」と実感するのでした。


選手と一緒に泣いたり笑ったりした2週間。
陳腐な言葉しか出てこないけど、本当に勇気と感動を貰いました!


私も、もうちょっと頑張らなきゃ~と思いつつも、まだまだクロスカントリーやバイアスロンなんかの録画が残っているので、もうちょっと炬燵でダラダラしながら楽しもうと思っています(笑)
[PR]
by asaasa32 | 2014-03-01 11:55 | 道具のこと
<< 上高地スノーハイク 大雪の中ソースカツ丼を食べる >>