<< 苗場山 信州旅行 >>

尾瀬ヶ原

b0213806_2212416.jpg

思いがけず尾瀬へ。







年一回の連続休暇に予定していた縦走は、天気予報がさっぱり良くなくて中止。
予備日を合わせて5日間がぽっかりと空いてしまいました。



どうしよう。



台湾行っちゃう?
ずっと晴れマークの北海道旅行にする?



直前まで悩んで、長野や群馬ら辺をうろうろしつつ、もし晴れたらどこかに登ることにしました。


この時点で天気予報はずっと雨マーク。
諦めの早い私は、すでに山歩きは諦めモードでした。


1日目は軽井沢を散策し草津温泉へ。
2日目は小布施まで足を延ばして栗を楽しんだら越後湯沢温泉へ。


そしてなんとか天気が持ちそうな3日目。



もし天気が崩れても大丈夫そうな尾瀬をチョイス。

岐阜からは遠いですが、今いる越後湯沢温泉からは比較的近い。


天気予報は若干微妙ではありましたが、このチャンスを逃してはいかんだろうということで決行です!



尾瀬ヶ原(福島県南会津郡檜枝岐村、新潟県魚沼市、群馬県利根郡片品村)1400m
2016年9月24日





尾瀬の公式HPからのmap。
b0213806_22203960.jpg

尾瀬といっても広くて、至仏山や燧ヶ岳を登るのか、尾瀬ヶ原か尾瀬沼を散策するのか、いろいろなコース取りが可能です。

「これぞ尾瀬!」という景色が見たかったのと、宿泊中の越後湯沢温泉からのアクセスを考えて、鳩待峠から尾瀬ヶ原をぐるりっぷすることにしました。


鳩待峠はマイカー乗り入れができませんので、戸倉からバスに乗ります。

6時頃に戸倉の駐車場へ到着。
b0213806_22214627.jpg

料金は片道930円。
バスとタクシーの共通券になります。人数が揃い次第タクシーが出発するシステムだったので待ち時間はほとんどなく乗ることができました。

30分ほど乗って鳩待峠に到着。
b0213806_22224756.jpg

尾瀬だ~♪

6:45
出発でーす。
目指す尾瀬ヶ原へは、なんと最初に下り道!
b0213806_22281273.jpg

これは…帰りが辛そうだなあなんて思いながら下っていきます。

尾瀬の木道は右側通行なんですって。
b0213806_22294271.jpg

入口の係のオトーサンに教えて貰いました。傾斜があって滑る場所にストッパーが付いているので間違えて左側を歩くと滑落する危険もあるそうです。急な斜面で30mほど落ちて手足を複雑骨折するなどの事故が起きているそうなので気をつけましょう。
b0213806_22301842.jpg

そして尾瀬は熊の生息地。鐘が設置されている場所は熊がよく出没するエリアなので鳴らしてから通行しまーす。

ゴールデンウィークから熊が目撃されなかった日は3日間のみだそうで…ヒ~!!お会いしたくはないので鐘を鳴らすのと人気が無いところでは「人間が通りますよ~」と声を掛けてから通りました。


1時間弱で至仏山荘に到着。
b0213806_22305031.jpg

ここから「THE 尾瀬」の景色が始まります♪
b0213806_2231179.jpg

どんより曇空ですが贅沢は言いません。雨が降らないだけでも十分。
b0213806_22311657.jpg

進行方向には堂々と燧ヶ岳。
b0213806_22314484.jpg

すんごい遠いんですけど…( ・∀・;)思いのほか広い尾瀬に驚きました。
ほどなくして池塘がちらほらと。
b0213806_2232676.jpg

ヒツジグサ♪♪
赤や黄色に色づいて池を華やかに装っています。
b0213806_22322991.jpg

池塘に浮かぶ逆さ燧も♪
b0213806_22323915.jpg

混んでいるイメージだったのですがハイカーの姿があまりありません。
b0213806_2233161.jpg

天気がイマイチだからなのか、時期が中途半端だからなのか。
b0213806_22331414.jpg

それともただ時間がずれてんのかな?
b0213806_22341895.jpg

どれにしろ静かに歩けて良い感じです♪

9:25
竜宮小屋到着。
b0213806_22344891.jpg

お手洗いを借りて少し休憩。
全然歩いていないのに、ここらでもう私は若干疲れてしまいました。

登らないからお気楽~♪♪

なんて思っていたのに、平行移動は慣れてないせいか足が痛い。
前回の山歩きから1か月以上も空いてしまったので、日帰り装備が肩に食い込む。

体鈍っちゃってんなあ。


もうこのままくるりと回って帰ってもいい( ・∀・)


と思うくらいの疲労度だったので、ホテルでの夕食時間と帰る時間、今後のコースタイムとバスの発着時刻を提示して「ちょっと時間的に厳しいのでは」と仲間に暗に帰りたいのアピールをしてみる。


「バスも臨時で出るだろうから大丈夫っしょ~♪」


と意図は全く通じず(笑)先へ進むことになりました。


ま、せっかく来たので頑張るか。
b0213806_22353676.jpg

竜宮小屋まではかなりゆっくりめのペースで歩いていましたが、あまりトロトロ歩いても足腰が疲れてくるので、ここからは少しリズム良くさくさくと。
b0213806_22354661.jpg

20分ほどで弥四朗小屋へ到着。
b0213806_22355548.jpg

何軒かある小屋には心惹かれる美味しそうなものがありますが…
b0213806_2236667.jpg

持ってきたものを食べまーす♪
b0213806_22362330.jpg

小布施でゲットした紅玉と行きのコンビニで手に入れた峠の釜めし風のおにぎりセット。そしてお味噌汁。

紅玉ってお菓子作り用だと思っていたのですが、山で食べると酸味が強くて美味しく感じました。

山での果物っていいな~♪


もりっと食べたら、そろそろ帰りまーす。
b0213806_22363989.jpg

東電小屋経由でくるりと鳩待峠へ。
b0213806_22365773.jpg

ここもまた無人状態(笑)
なんで?みんなどこ登ってんの??なんて気になってしまいました。


ようやく牛首まで戻ってきて木道の看板に衝撃。
b0213806_22372818.jpg

ん?鳩待峠から見晴まで9kmくらいあるってこと?

え、じゃあ往復で18kmってこと!?


ひょえ~(((゜д゜;)))


そりゃ疲れるよね。

尾瀬はお気軽ハイクなんかではありませんでした~。


少しポツポツと雨粒が落ちてきたので急ぎ気味に歩いて

12:45
至仏山荘へ到着!
b0213806_22375654.jpg

ここで絶対に食べると決めていたのはこれ!
b0213806_2238121.jpg

花豆ソフト~♪♪
なんだろう。なんの味か分からないのですがすごく美味しかったです!
なんの味って花豆の味か。
個人的に徳澤園のソフトクリームに匹敵する美味しさでした。おかわりしたい。
b0213806_22384223.jpg

鳩待峠への最後の登りは想像ほどキツくはなく、あっという間に帰ってきました。

バス乗車前に花豆ソフトをおかわりしようかと思ったのですがお腹がいっぱいで断念。
無理矢理食べても気持ち悪くなるだけなので、また次回訪れたときのお楽しみとします。
b0213806_22385553.jpg

人数が揃い次第発車するタクシーに乗って戸倉まで戻りました。



今回は縦走が中止になって残念でしたけど、予定していたコースはかなりハードなもので、そして私は明らかにトレーニング不足。

「まだちょっと早いよ」と山の神サマに言われたのかもしれないなあと思いました。
そしてそのおかげで思いがけず尾瀬を訪れることになって結果オーライなのかな。


ゆるりと(とはいえ結構歩きました)尾瀬ヶ原を散策しても良いし、至仏山などの山に登っても良い。
そのときの体調や天気予報で自由にコース取りができる。

素敵な場所でした!!
b0213806_2315812.jpg

次回訪れるときは燧ヶ岳と至仏山に登るかな♪
夕暮れや朝焼けの尾瀬も見てみたい。




その夜、iPhoneで歩数と歩行距離を見てみると・・・


歩行距離23.18km
歩数33,298歩


ちなみに常念岳テント泊の1日目は【11.6km&17,692歩】

尾瀬おそるべし~(((゜д゜;)))

[PR]
by asaasa32 | 2016-09-28 23:16 | 山歩記録 | Comments(0)
<< 苗場山 信州旅行 >>