<< 信州旅行 梓川にドボン☆上高地散策 >>

山旅計画中・・・

b0213806_034316.jpg

あーでもない、こーでもない

と、いろいろ計画しているこの時間が一番楽しかったりして(笑)


写真のメモはボツ計画です。
今月下旬に予定している今年の縦走の第一候補として考えていたのですが見送ることになりました。


ただ、行動予定と交通手段については「決意すれば行ける」くらいに調べることができましたので、いつかのための備忘録として残しておこうかなと思います。



興味のある方はどうぞ~(´∀`)



***



前回のエントリで「しばしお別れです」とか言っておきながら、こんばんは。




さて

ボツになった山歩きの計画はこちら。


**************************************************

1日目:高瀬ダム(七倉ダムの駐車場からタクシーで移動) ⇒ 烏帽子岳

2日目:烏帽子岳 ⇒ 雲ノ平

3日目:雲ノ平 ⇒ 薬師峠キャンプ場

4日目:薬師峠キャンプ場 ⇒ 折立

**************************************************

北アルプスを横移動しちゃおうという企みです。

ここで問題なのは交通手段。

車で移動する私たちにとって、縦走の最大のネックは車の回収です。


そこで、七倉ダムの駐車場と下山口である折立をつなぐ経路を考えました。




【方法1:バス&電車を利用】

折立(10:20) =バス移動⇒ 有峰口(11:10) 2,450円

有峰口(11:22) =電車移動⇒ 電鉄富山駅(12:10) 1,020円

電鉄富山駅 =徒歩移動⇒ 富山駅

富山駅(13:53) =電車移動⇒ 長野駅 ⇒ 松本駅 ⇒ 信濃大町駅 9,420円

信濃大町駅 =タクシー移動⇒ 七倉ダム 6400円


【方法2:アルペンルートを利用】

折立(10:20) =バス移動⇒ 有峰口(11:10) 2,450円

有峰口(11:22) =電車移動⇒ 立山駅(11:36) 410円

ここからアルペンルート通り抜け 8,290円

立山駅(11:40) =ケーブルカー⇒ 美女平(11:47)
美女平(12:00) =高原バス⇒ 室堂(12:50)
室堂(13:00) =トロリーバス⇒ 大観峰(13:10)
大観峰(13:20) =ロープウェイ⇒ 黒部平(13:45)
黒部平(13:40) =ケーブルカー⇒ 黒部湖(13:45)
黒部湖(14:05) =トロリーバス⇒ 扇沢(14:21)

扇沢 =タクシー移動⇒ 七倉ダム 約10,000円 



【方法3:車回送サービスを利用】

七倉ダム ⇒ 折立 1台30,000円
(アルペンキャリーサービス)

登山者用に任意の登山口へ車を回送してくれる便利なサービスです。

面倒な乗り換えもいっさいありません。
これだ!と思ったのですが、事前にスペアキーを郵送しなければならないとのこと。
七倉ダムに置いてある車をスペアキーを使って折立まで移動させて、車はスペアキーとともに置きっぱなしということになります。

顔も合わせずにスペアキーと車を託すことに抵抗を感じます。



【方法4:すべての移動に公共交通機関を利用】

この場合、折立から高瀬ダムという逆の行程となります。

名古屋(23:15) =夜行バス移動⇒ 富山駅(5:15) 5,000円

富山駅(6:30) =バス移動⇒ 折立(8:30) 3,500円

山旅:折立⇒薬師峠キャンプ場⇒雲ノ平⇒烏帽子岳⇒高瀬ダム 4日間

高瀬ダム =タクシー移動⇒ 信濃大町駅 9,000円

信濃大町駅(14:13) =電車移動⇒ 松本駅 ⇒ 名古屋駅(18:05) ⇒ 岐阜 7,110円

※折立へのバスは予約が必要となりますので、満席の場合は計画自体見直しです。



これらに


※七倉ダムから高瀬ダムへのタクシー代2,200円
※岐阜からの高速代およびガソリン代12,000円
※私たちは2名での行動であること



を加味してまとめると・・・


【方法1:車で七倉ダムまで行き折立に下山後、電車&バスで戻る】

一人あたり23,190円
移動時間は7~8時間


メリット:特になし。自力で移動するというシンプルさ?
デメリット:時間がかかる。富山駅で待ち時間が2時間。


【方法2:車で七倉ダムまで行き折立に下山後、アルペンルートで戻る】

一人あたり23,250円
移動時間は5~6時間


メリット:方法1よりも若干短時間。アルペンルートを通り抜けるので楽しいかも(ダムの放水とか見れる?)
デメリット:乗り換えが8回


【方法3:車で七倉ダムまで行き折立に下山後、車回送サービスにて戻った車を受け取る】

一人当たり22,100円
移動時間無し


メリット:楽。無駄な移動がない。折立の登山口で車をGETできる。
デメリット:顔合わせ無しでスペアキーと車を託すことへの不安。


【方法4:すべての移動を電車&バス&タクシーを使う】

一人当たり24,610円

メリット:車の回送問題がない。無駄な移動なくそのまま帰ることができる。
デメリット:車でないことのストレス。(お風呂の準備、大きな荷物で電車に乗ることへの不便等)


※タクシー代やガソリン代はざっくりとした感じですので参考としてご覧ください。



料金的にはどれも同じ感じなので、メリットとデメリットを天秤にかけて選ぶということになります。




縦走って難しい~!!


みなさんならどれにしますか~?
誰かこれ行ってみないかな??
ここまで読んだってことは、すっごく縦走に興味があるってことでしょ~(笑)




あ、ちなみにこのアクセス方法については、すべて同行する仲間が調査しました。
デキル女です。

「○○山に行こう!」となったときに、私はその山のコースや景色、小屋のお土産や名物情報を調べるのですが、仲間は真っ先にアクセスがどうなるかを調べます。そっちの方が気になるんですって。

調査内容が重複しなくて、いいコンビだなと思いました(笑)



結局、どのアクセス方法も選ぶことができず、結果的にルート変更することになりました。

車の回収がもう少し簡単なルートへ。

山旅自体は去年の折立から新穂高への縦走よりハードになります。今年も挑戦かあ・・・今からため息しか出てきませんが素敵な景色に出会えるといいなあと期待しています。




週末も所用で山には行けません。

本格的な再開は来週3連休からになります。

そのころには、このぐずついた9月の長雨が終わっていますように!!




[PR]
by asaasa32 | 2016-09-06 23:17 | 登山雑記 | Comments(10)
Commented by arisa at 2016-09-07 08:02 x
初めてコメントします!
愛知に住んでおり、数ヶ月前に山登りを始めました者です*
登る山をいろいろ調べているうちにこちらのブログに辿り着き、それ以来こっそりと読ませていただいき、参考にさせてもらってました、、、!
インスタグラムを始めたとの事で…フォローさせていただきます♪
これからもブログもインスタグラムも楽しみに更新待っていますo(^_^)o
Commented by mikko at 2016-09-07 08:54 x
マイカー派にとっては縦走っていきなりハードルが上がりますよね。
わが家も白馬大雪渓から登り白馬大池に抜けた(縦走というほどでもない)時に車回収サービスを利用しました。
猿倉の小屋でキーを預けるので良かったのですがキーを付けた状態で下山口の駐車場に放置されるのはちょっと不安でしたね~
登山口まで送ってくれるタクシー会社でマイカーを預かってくれて下山口まで迎えに来てくれるところもあると聞いた事がありますが・・・
こちらの計画では無理かな?

あとはもう一組の山仲間に逆ルートを歩いてもらい下山口で相手方の車に乗って高速のSAで待ち合わせとか。。。
ちょっと非現実的なアイディアでごめんなさい。
f(^_^;)
でも縦走って計画している時も楽しそうですね。
Commented by marukosolt at 2016-09-07 10:41
おはようございます♪
自分だったら1番か2番。
富山駅って行ったことがないから
1番の方が魅力的
わかりませんが富山駅でちょうどお昼なので
ご当地の美味しいものが食べれれるかも!?
電車からの風景見るのも良いかも、座れれば。
山の景色楽しみたいなら2番かなぁ。
3番はやっぱり人に車任せるのはちょっと~。
車好きの人だったらどんな運転されるんだろって
心配になっちゃうかなぁ。
4番は少なからず夜中移動はバスだからって
疲れるな、自分だったらっていうか
寝れないかも(笑)
そんな感じでやっぱ考えてる時って楽しいですよね♪
どんな山旅になるか楽しみです~♪
(^o^)/
Commented by asaasa32 at 2016-09-07 19:04
arisaさん、初めまして、コメントありがとうございます♪

参考にしていただいたとのことでとっても嬉しいです。

insta拝見しましたよ~!
すごくキュートなギャラリーですね♪私もフォローさせていただきますのでよろしくお願いします(´∀`)♪♪
Commented by asaasa32 at 2016-09-07 19:08
mikkoさん、こんばんは♪

そうなんですよね、縦走はアクセス面だけでもハードルが高いです。かといって、全移動を電車&バスというのも慣れなくて思いきれません。

“別の仲間が逆ルート”って、私も考えたことありますよー!!
途中で仲間に会えるのも楽しそうですよね(*´m`)♪
あと、ちょっと違うのですが、全員別ルートで山頂集合ってのもやってみたいです。“東西南北の尾根から槍ヶ岳集合!”みたいな。北と南は誰かにお願いしたいですけど(笑)

久しぶりに地図とにらめっこしました。すごく楽しい時間でした~♪
Commented by asaasa32 at 2016-09-07 19:11
marukosltさん、こんばんは!

「駅が楽しみ」とは目からウロコです。旅人の感覚ですね♪
車窓の山景色というのもアリですね~ちょっと旅行みたい♪♪
座れなかったら地獄ですね(笑)

夜行バスへの心配は私も真っ先に考えました。
これから縦走するってのに到着時に体力半分くらい持ってかれてそうです…( ・∀・;)

計画はそれはそれは立派ですが、どうなることやら…天気が良いことと無事に歩くことを願っています。

marukosoltさん、どこか歩かれたんですよね?
レポ楽しみにしておりまーす♪♪
Commented by jima at 2016-09-09 17:33 x
こんばんは。大変興味深く拝見いたしました。
我が家もマイカー登山が主です。なので縦走計画はホントに難しいですね。
私は新穂高~有峰へ縦走した時は、バス、電車で富山駅まで移動。更にバスで新穂高駐車場まで戻りました。
有峰湖~新穂高駐車場まで約7時間の移動でした。
富山駅から最寄りの熊谷駅まで約2時間ちょっとです。
今思うと公共交通機関の利用が良かったのかな?
と思っております。
Commented at 2016-09-09 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asaasa32 at 2016-09-11 10:37
jimaさん、こんにちは♪

有峰から新穂高まで7時間ですか!?
ひ~(((゜д゜;)))なかなかのハードさですね…そう考えるとそのままバス&電車で帰っちゃった方が同じ時間で家に着くかもしれませんね。

縦走は体力面からもアクセス面からも難しいところがありますが、チャンスがあれば挑戦していきたいと思っています(´∀`)
Commented by asaasa32 at 2016-09-11 10:51
はざこさん、こんにちは~♪

焼岳お疲れ様でした!
私ももう一度紅葉の時期に訪れたいです♪

そうそう、今年は紅葉早そうですね。もう始まりつつありますよね~うかうかしていると見逃してしまいそうで焦ってきました。

秋の山歩き楽しみましょうね~!
はざこさんの秋山れぽお待ちしております(*´m`)♪
<< 信州旅行 梓川にドボン☆上高地散策 >>