<< 焼岳 仙丈ヶ岳 >>

岳沢

調子が乗らないときは帰っちゃってもいいと思う。
b0213806_20145886.jpg






7月23日のこと。

岳沢小屋に泊まって前穂高岳に登るつもりだったのですが、ちょっと調子が悪く岳沢小屋まで行って日帰りで下りてきてしまいました。

色々と書いてみたのですがネガティブなレポになってしまいそうだったので全部カット(笑)
このままスルーしてしまおうかとも思ったのですが、せっかくなので遅ればせながらアップすることにしました。


ダイジェストでお送りいたしまーす。



*****



朝9時半の河童橋。
b0213806_2156286.jpg

ハイカーが集う時間としては遅く、9割方観光客が占める上高地で私は完全にマイノリティです



河童橋からの穂高は雲の中。
b0213806_21593056.jpg

あかんだな駐車場では曇天でしたが、バスに乗って最初のトンネルを抜けたら突然の青空。いきなり違う世界へ入り込んだ気分。
b0213806_2223015.jpg

お隣の焼岳はくっきり。至近距離でも雲のかかり方が違うなんて不思議だな。



*****



五千尺ホテルのオープンカフェ“トワサンク”にて。
b0213806_224637.jpg

安曇野産すずあかね苺の果汁100%です。すごく美味しかったけど、軽くランチ1回分のお値段なので最初で最後の賞味かな。次回はお弁当とか食事系を試してみたい。
ちなみにここの一押しはご存知のとおりアップルパイ。大好きでホールを予約して持ち帰りました。



*****



岳沢までの登山道はとても整備されていて歩きやすいです。新穂高から双六岳へ向かう小池新道を思い出しました。
b0213806_2211617.jpg

木々のおかげで直射日光ではないですが、標高は1500~2000mとそれほど高くないので暑さに弱い方は対策をされると良いと思います。蒸し暑さに辟易しました。
b0213806_2213439.jpg

クールダウンの場所はここ。
b0213806_22135815.jpg

ただし、そこそこ混み合っています。独り占めは期待しない方がよいでしょう。



岳沢小屋周辺からの眺め。
b0213806_22145847.jpg

ここから上高地が見えるということは、上高地から岳沢小屋も見えるということなんだけど、今まで一度も見つけたことがないのです。下山したら探してみようと思いました。
b0213806_22155022.jpg

よく見ると重太郎新道にハイカーの姿など見えました。事故が多いのも納得。垂直の壁に見える。あの道が縦走路の最後にやってくるのはなかなか辛いよね。



*****



エメラルドグリーンの岳沢湿原。
b0213806_22171946.jpg

何度も来ている上高地はいつも通り過ぎるだけ。きちんと散策すれば、まだまだ素敵な景色に出会えそうです。
b0213806_22175275.jpg

大正池から河童橋とか、明神池周辺とかね。
b0213806_22182044.jpg

朝一に大正池で下りて河童橋まで散策して、穂高を見ながら朝ごはんを食べたら明神池まで足を伸ばして、余裕があれば徳沢まで行って野沢菜チャーハン食べて帰ってくるのってどうだろうか。
誰かを連れて行きたいな~♪


下山後の穂高は相変わらず稜線にガスがかかっていますが、岳沢小屋は見つかりました。一度訪れた場所は見つけやすいです



*****



結局岳沢の往復のみで終了した日。
天狗沢方面のお花畑も見ずに帰ってきてしまいました。それだけは少し心残り。もう少し早く出発すれば良かったなあと思いました。


登り2時間、下り1時間半。


前回の仙丈ヶ岳に比べたら半分以下の行動時間でしたが、足には大きな疲労感。

岳沢から前穂のピストンが往復5時間半。もし前穂に挑戦していたら、あの重太郎新道を往復5時間半歩いた後に下山1時間半となりますので、何か起きたかもしれないなあと思うと、今回は帰っちゃって正解だったかもしれません。


交通費等のコスパを考えるとかなりモッタイナイ山歩きとなりましたが、まあこんな日もあるということで。



岳沢は次回紅葉の時期に訪れようと思います♪

[PR]
by asaasa32 | 2016-08-08 23:31 | 山歩記録
<< 焼岳 仙丈ヶ岳 >>