<< 岳沢 乗鞍岳剣ヶ峰 >>

仙丈ヶ岳

雲の上を歩いてきましたよー!
b0213806_1351216.jpg






3連休は今シーズン初のテント泊を予定していたのですが、金曜日夜の時点で3日間の天気がいまいち安定しない。

連休の後半に天気が良くなる可能性に賭けようかとも思ったのですが、比較的降水確率の少ない土曜日にとりあえず日帰りで歩くことにしました。
天気が良くて体力が残っていたら月曜日も歩けばいいや。


行先は仙丈ヶ岳。
花の山。南アルプスの女王と呼ばれている山です。


仙丈ヶ岳(長野県伊那市)3032m
2016年7月16日




仙丈ヶ岳日帰りのネックはバスの時間です。
マイカー規制となっているため、仙流荘がある戸台からバスに乗って登山口がある北沢峠へ移動しなければなりません。
最終のバスは16時。
亀な私たちは始発のバスに乗りたい。逆算して岐阜を3時過ぎに出発しました。


ところが!

なぜか私はこのバスの始発時刻を見間違え、本当は6時5分発なのに6時15分発(戸台大橋の方)と思い込み、さらに岐阜から仙流荘までのアクセスは休憩込で3時間弱なのに、始発時間(しかも間違えている6時15分)からきっちり3時間前の午前3時過ぎに出発してしまったのでした。


きっちり3時間前って、準備する時間ないやんか( ・∀・;)
バスの時間も逆算も間違えたわ。


5時45分頃に、バスの始発時刻とナビの到着時刻がほぼ同じであることに気づき大慌て!

もしバスに間に合わなかったらという想定を考えながら、とりあえず向かって到着したらば・・・


b0213806_12541317.jpg



すごい行列ーー!!

始発が前倒しになっているのかいないのか分からなかったのですが、チケットを購入してトイレを済ませて朝ごはんのおにぎりを食べてもあり余るほどの時間がありました。

待ち時間は睡魔との闘い・・・立ったまま寝そうになるほど意識が朦朧としてきました。1時間ほど経ってようやくバスに乗ったのですが、「寝れるー!」という期待に反し、補助席&山道でまったく眠れず、ぼんやりとした頭で北沢峠に到着しました。
みなさま、バスの時間は間違えないように・・・あと、バスでの仮眠は期待しない方がいいです。
しないか。



当初の予定よりも1時間遅れです。
お互いに夏山が始まったばかりで体力に自信がありません。


こりゃー山頂は無理だな!!


ひとまず目標を小仙丈ヶ岳とし、撤退時間を13時と決めて行けるところまで行ってみることにしました。


8:00
北沢峠を出発。
b0213806_12542717.jpg

比較的緩い登りから始まります。
b0213806_12544213.jpg

あたりは真っ白ですが暑くなくていい感じ。
b0213806_12585993.jpg

整備された広い道を気持ちよく歩いたら5合目に到着。
b0213806_12591440.jpg

ここから小仙丈ヶ岳まで一気に登りつめていきます。
b0213806_1303388.jpg

標高も上がってくるので辛いところですが、先週乗鞍岳を歩いたおかげか呼吸も体も思ったより楽でした。
夏山の一発目に、ああいう“行程は楽だけど標高がMAXに高いところ”を歩くのって効果的かもしれません~。
b0213806_1305817.jpg

森林限界地点を超えると急にガスが晴れてきました。
b0213806_1311128.jpg

青空!!

このあたりから花もちらほらと。
b0213806_132262.jpg

さすが花の山です。ちょうど良いタイミングで来れたかな♪
b0213806_1321294.jpg

ガシガシと前を行くハイカーの背中に叱咤激励されながら登っていきます。
b0213806_1322166.jpg

叱咤激励されたそばから、すでに振り向いちゃったりして・・・雲の中から伸びるトレイルを見て感動。
b0213806_1323165.jpg

雲を抜けるって本当にこんな感じなんだ。しかも飛行機とかじゃない、自分の足で雲の上に出るなんてなかなか無いよね。
背後の黒い影は甲斐駒ヶ岳。その姿はまだ雲の中でもったいぶっていますが、左手に見える北岳はくっきりと姿を現していました。
b0213806_1324552.jpg

カッコイイ~♪いつかあそこにも行かなくちゃ。
b0213806_13254100.jpg

ぐんぐんと高度を上げていき
b0213806_133641.jpg

10:30
小仙丈ヶ岳到着!
b0213806_1332227.jpg

北岳が丸見え!
奥にはほんの一瞬富士山も見えました♪
b0213806_1342960.jpg

そして仙丈ヶ岳へ続くトレイルはのびやかに続いています。
b0213806_1344797.jpg

めちゃくちゃ綺麗。
北岳や仙丈ヶ岳のカールを眺めながらまったりしたかったのですが、あとからあとから登ってくるハイカーで小仙丈ヶ岳は大賑わい。まったく落ち着くことができないので、のんびり山頂まで向かうことにしました。
b0213806_135084.jpg

振り返った小仙丈ヶ岳は満員状態。
いい眺めですからね~。お尻に根っこ生えますよね。

ここから山頂までコースタイムは1時間弱。休憩時間を含めても余裕ができましたが油断は禁物です。
b0213806_1351216.jpg

「今までのペースからすると、1時間もかからないよ、きっと」という呑気な仲間の言葉を一蹴。

多分コースタイム以上かかるから予定どおりの到着になるよ。

だってお花咲いてるし。
b0213806_1353291.jpg

緩い稜線に見えるけど、まだまだ登るし。
b0213806_1354581.jpg

大体こういうのって、どこかが早くても最後は帳尻が合うようになってるんですよね。
b0213806_1355612.jpg

さっきは穂になっていたチングルマも、この辺りでは綺麗に咲いていました♪
b0213806_136750.jpg

見降ろすと仙丈小屋の姿。
b0213806_1371940.jpg

ここまで来たらあと少し。なだらかな稜線をのんびり歩いていきます。
b0213806_137303.jpg

もったいぶっていた甲斐駒ヶ岳もついにその姿をお目見え!
b0213806_131953100.jpg

雲の中から現れた軍艦みたい。いかめしいなあ。
b0213806_1374266.jpg

甲斐駒ヶ岳は一度ガスガスの中を登ってからずっとリベンジしたかったのですが、もうどっちでもいいかなと思ってしまいました。見る方が好きかも。紅葉の時期に一番近くで見れる山に登ろうかな♪
b0213806_1395428.jpg

12:10
仙丈ヶ岳山頂到着!!
b0213806_1310478.jpg

結局コースタイムどおりの到着でした。稜線歩きはやっぱり時間がかかります。
それほど広くない山頂はハイカーでごった返していましたので、仙丈小屋方面へ少し下った場所で小休憩。
b0213806_13103017.jpg

ちょっと手抜きのスイーツタイム。最近チーズタルトにハマっています♪
軽く食べてから仙丈小屋へ。
b0213806_13105423.jpg

涸沢を思い出させる景色を眺めながら下山の準備をします。

稜線にはハイカーの姿。
b0213806_1311848.jpg

私ももう少しのんびりしたかったのですが今日は日帰り。バスの時間までに下りなければなりません。

13:00
下山開始です。
b0213806_13141981.jpg

小屋からまた稜線に戻るべく登り返します。
通常は仙丈小屋からまっすぐ下る馬ノ背コースで下山することが多いのですが、最終バスにどうしても乗らねばならない私たちは短時間で下れる方を選びました。
b0213806_13154389.jpg

そうそう。小屋からひと登りと、小仙丈ヶ岳までのもひと登りあるんだよね。
下山の登り返しは地味に辛い・・・。
b0213806_13155760.jpg

隠れてしまった甲斐駒ヶ岳を最後に見納めて、私たちも雲の中へ。
b0213806_1316821.jpg

暑さが辛い午後の時間帯はガスの中だったので熱中症の心配がなくて良かったです。

15:20
久しぶりのロングコースに両膝が悲鳴を上げましたが、なんとか無事に下山!

トイレを済ませてバスの待合所で座っていたら、すぐに臨時バスを出してくれるとのことで15時半に乗車することができました。がんばって早めに下山してきて良かった!

乗り込んだバスは背もたれが頭までカバーするタイプ(行きは背中の真ん中までしかなかった・・・)
座った瞬間にもう爆睡です。ハッと目が覚めたときに、状況が把握できないほど熟睡してしまいました。

16時過ぎに駐車場へ到着し仙流荘で汗を流してから、のんびり岐阜へ♪


乗鞍岳に続き、2回目の夏山。
まったく歩く自信がなかったのですが(なのに当初はテント泊しようとしてたなんて私バカ)、そこそこ元気に歩くことができたのは去年までの体力が残っていたからかな。

ガスガスで何も見えないだろうなあと期待ゼロだった仙丈ヶ岳は予想を裏切って大快晴!

ソロだったら前日の天気予報で止めちゃってただろうなあと思うと、今回も「GO!」をしてくれた仲間に感謝です♪

結局、連休残りの2日は意外とダメージを受けた体を休めることに費やされ、元気に歩けたと思っても体はまだ鈍っていることを実感。
まあ、私の山シーズンは9~10月がメインなので、それまでになんとかなればいいかなとのんびり行くことにします。


また、どこかの雲の上へ♪
b0213806_13101884.jpg

今週末もどこかに行きたいな~♪♪
[PR]
by asaasa32 | 2016-07-19 23:46 | 山歩記録 | Comments(13)
Commented at 2016-07-20 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-07-20 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikko at 2016-07-21 09:10 x
中央道から見えた南アルプスにはベッタリと雲が貼り付いていたのですが稜線は雲の上だったのですね~♪
もう『なんも言えねぇ』(古!)って感じの素晴らしい眺望。。。
まだ夏山を満喫していない私には良いイメージトレーニングになりました。
なんてったってここのところゆるゆる歩きしかしていないから夏山に向けての身体の準備が出来ていないので・・・
まだ関東甲信越地方は梅雨が明けませんがお互い夏山を楽しみましょうね~♪
Commented by tukinobo at 2016-07-21 10:51
夏山パート2、仙丈ヶ岳
お天気が良くてすばらしい日ですね、
土曜日の日帰りで行けたのですね。
わたしは南アルプスは一度も登ったことがないのです。
登山歴5年くらいだけど。
いつも小淵沢あたりから、眺めるだけの南ア。
わたしも登ってみたいなぁ、asaasaちゃんのレポを
見ていたら、すこしづつ勇気湧いてきます。
甲斐駒ヶ岳の眺め、きれいですね。
仙丈ヶ岳、良くがんばりました、おつかれさまでした(・∀・)
Commented by asaasa32 at 2016-07-21 19:39
鍵コメさん、こんばんは!
初めまして(ですよね⁉︎)、コメントありがとうございます♪

更新してなかったのは、ただのサボリです…すみません^^;
すっごくはないですが、ボチボチ具体的に計画していますので、またお立ち寄りください♪

仙丈ヶ岳は本当に綺麗な山でした。ぜひ秋にお出かけくださいね!
バスの時間には注意ですんだけど(笑)
Commented by asaasa32 at 2016-07-21 19:46
mikkoさん、こんばんは♪

そうなんです〜。ホント「なんも言えねえ」です(笑)
どうせ真っ白だろうなあと思って行ったら雲海なんて嬉しさ倍増でした♪

そろそろ登らないと…なんて気分もあったのですが、夏山の景色を見たらもうスイッチ入っちゃったみたいで…頭の中は、妄想登山カレンダーのことで頭がいっぱいです( ^ω^ )♪
Commented by asaasa32 at 2016-07-21 19:56
tukinoboさん、ありがとうございます!頑張りました〜(´∀` )

日帰りで行けました!
バスの時間はギリギリセーフになるように設定されてるのかもしれませんね!

南アルプスってなかなか候補に上がらないですよね。私もまだ気後れしちゃう山域です…。
でも仙丈ヶ岳からの甲斐駒ヶ岳はとてもカッコ良かったので、いつか行ってみてくださいね!オススメでーす♪
Commented at 2016-07-21 22:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asaasa32 at 2016-07-22 21:35
鍵コメさん

あっhazakoさんでしたか!何度かコメントいただいていましたね。覚えていますとも!

最初の鍵コメしていただいたときのお名前が初めましてだったので気づかずにすみません(汗)
“非公開コメント”にチェックされていると鍵付きになり、他の方が見ることができません。どちらでも大丈夫ですのでお好きな方でコメントしてください♪

暑いのって本当にうんざりですよね~
去年の白山で熱中症になってから暑さにはかなり敏感になっています。超快晴予報だと逆に尻込みしちゃうくらい(笑)無理はいけませんのでボチボチ楽しんでくださいね~♪

登られた際にはどちらに行かれたのかまた教えてくださいね!
Commented by jima at 2016-07-25 23:31 x
こんばんは。
とても素敵な写真の数々!!
見させて頂きありがとうございます。

人も凄いですね。

暑さにはお互い気を付けましょう!!

Commented by yamamihochoco at 2016-07-26 02:16
うわぁぁぁ(。´Д⊂) うらやましい・・・羨ましすぎます!
先週末、ほんとはアルプスに行くはずでしたが、
お天気に恵まれず、あきらめました。
今週末こそは!と思っていますが、なんだか雲行きが怪しそう・・・。
お花畑、見てみたくてしょうがありません。
前のエントリーへのコメントで、早くしないと終わっちゃう、と言うお言葉をいただいて、増々気は焦るばかりです(´;ω;`)
私も青い空の稜線を、お花を眺めながら歩いてみたいです!!!
Commented by asaasa32 at 2016-07-26 20:09
jimaさん、こんばんは!

ありがとうございます!夏山の景色をお届けできて良かったです!

予報がイマイチだったので人は少ないかなあと思ったんですけどね~やっぱり良い山はハイカーがたくさん集まりますね♪

はい、これからが夏本番。熱中症との戦いですね。
本当は雪渓などを狙うのが一番効率がよいのかもしれませんけど、なかなか気が向きません(;´∀`)
Commented by asaasa32 at 2016-07-26 20:13
yamamihochocoさん、こんばんは♪

ここのところ、なかなかスッキリした天気予報ではないですもんね。
今週末も微妙な感じですが、直前に好転してたりしますので期待しましょう!

ああっ!なんだか急かしてしまって申し訳ないです!!
自分で言っておいてアレですが、なんだかんだとお花は8月もいっぱい咲いていますので大丈夫ですよ~。

夏空の稜線を見ていただきたいです♪
でもその後は鮮やかな紅葉です!まだまだ楽しい季節は続きますのでベストなタイミングを狙ってくださいね~(´∀`)♪
<< 岳沢 乗鞍岳剣ヶ峰 >>