<< 2016年行きたい山リスト♪ 宮古島 >>

雨氷と善五郎の滝

ウヒョー!!
b0213806_20464762.jpg






善五郎の滝(長野県松本市)
2016年1月31日






この週末、長野県で倒木により300人近くが孤立するという被害が発生しておりましたが・・・
b0213806_20494768.jpg

私たちも行くところ、行くところ、すべて倒木により阻まれました。

中津川ICを下りて乗鞍に向かって19号線を走っていたときに入ってきた“国道158号線通行止め”の情報。
国道158号線とは、松本&乗鞍間の道です。通行止めの原因は倒木。
帰りはその道を抜けて松本へ出る予定だったので問い合わせてみたのですが、復旧の目途は立っていないとのこと。

とりあえずそのまま進み、奈川温泉の辺りまで行ったところで、今度はこちら側も通行止め。原因は倒木。

「木が倒れてきて電線で引っかかっている状態なんです。かなり下がっていて危険ですので通過は自己責任でお願いします。」
倒木は2か所。近い範囲で発生していると作業員さん。
復旧作業に入ったら全面通行止めとなり戻ってくることはできないうえに、こちらも松本側と同じく通行止め解除の目途は立っていません。

通過はできるかもしれないけれど、最悪乗鞍に閉じ込められるかも・・・。

いやいや、そのまえに、その垂れ下がった電線と木が車に直撃するとか、新たな倒木の下敷きになるとか、あり得るよね!?

そんなところに突っ込んでいく勇気はありません。引き返して塩尻へ抜けることにしました。


時間は10時半。これから長野県方面へ行って遊べるところと考えて美ヶ原を目指すことにしました。
b0213806_20564549.jpg

塩尻と諏訪を抜けて美ヶ原方面へ。
b0213806_20572180.jpg

諏訪から美ヶ原へ向かう142号線が、真っ白な木々に縁取られてすごく綺麗でした。
b0213806_21583565.jpg

途中の電光掲示板で見た“和田峠旧道 倒木により通行止め”に衝撃を受けながら、「私たちが通る道とは別だよね!?」と向かったらば・・・
b0213806_20494768.jpg

ガーン!!
私たちが通りたい道でした・・・。
三度目。倒木による通行止めってこんなにも多発するものなの!?
雪が大量についている感じではないので、昨夜暴風だったのかもね~なんて話しながら、少し休憩しようと車を降りました。
周囲を散策してみると・・・
b0213806_2102720.jpg

なにこれ、すごい。
b0213806_2114991.jpg

よく見ると、木々は雪ではなく氷に覆われています。
b0213806_211479.jpg

ごんぶとすぎるー!!
b0213806_212244.jpg

なにかの楽器みたい・・・。
b0213806_2133666.jpg

みっちりと全体を氷に覆われて重そうに枝がしなっています。触るとミシミシと言いながら木全体が大きく揺れました。

折れそう・・・そう思ってよく見てみると、ポッキリ折れてしまっている木もたくさん。
b0213806_215378.jpg

倒木の原因って、これだ・・・!!
氷の重さに耐え切れずに折れてしまったんだ。

樹氷?霧氷?と調べて、“雨氷”と呼ばれるものであることが分かりました。


特殊な条件下で発生する現象で、一年に一度あるかないかとか。
被害が発生するほどの大規模なものは十年に一度あるかないかとか。

これが全部雨氷・・・!!
b0213806_2192093.jpg

通行止めの状況を調べていくと、これにより孤立している方達が大勢いることも徐々に分かってきました。


すごいタイミングで来ちゃったよ・・・。

自分が巻き込まれなかったことと、今のところ被害による怪我人などがいないことに一安心。



時間は13時。
もう今日はダメだねえ。動いちゃいけない日だよ、きっと。

諏訪湖で凍った滝を見て
b0213806_2182193.jpg

カモシカスポーツで買い物しつつ松本へ。本日は松本で一泊。翌日に期待。




2日目、晴天です。
b0213806_213841100.jpg

昨日のリベンジで乗鞍へ向かいます。
こちらの道も、昨日倒木による通行止めがあったはずなのですが(午後には解除となっていました)、どこで起きたのか分からないくらい綺麗に片付いていました。雪道の中迅速な撤去作業・・・すごいです。ありがたい。
b0213806_21414064.jpg

朝陽に照らされて雨氷がキラキラと輝いている道を走り
b0213806_21433185.jpg

Mt.乗鞍スノーリゾートの手前、乗鞍岳がくっきり見えた場所にある善五郎の滝用の駐車場へ。
b0213806_21472733.jpg

滝まで徒歩10分ほど。
b0213806_21474493.jpg

道は踏み固められているので、トレースを辿るのであればスノーシューは要りませんでした。
b0213806_21512156.jpg

凍っていないのでアイゼンも不要。トレースもしっかりついていますので迷う心配もありません。
b0213806_21522093.jpg

そういえば、今シーズン初の雪歩きだ~♪
b0213806_2152449.jpg

モキュモキュとした感触が嬉しいなあ。
b0213806_21531682.jpg

アイゼンもスノーシューも履かずに快適に歩けるので、私としてはこれくらいの雪でのんびり歩くのが一番好きかもしれないなあと思いました。
b0213806_21545097.jpg

スノーシューも楽しいんですけどね~やっぱりかなり条件がよくないと、ただの足枷になって疲れます・・・。
b0213806_21553069.jpg

久しぶりの懐かしい雪景色を楽しみながら、のんびり20分ほど歩いたら
b0213806_21563694.jpg

善五郎の滝に到着!
b0213806_2158871.jpg

すごい迫力です!!
b0213806_2254910.jpg

凶器になりそうなツララもどっさり!
b0213806_2262757.jpg

氷の状態がイマイチでクライマーが入っていないので、氷が綺麗に残っているんだそう。ツララが壊れていたり氷に穴が開いていたりするんですって~。
b0213806_2271981.jpg

ちょっと壊れてて汚れているけど、見ようによっては綺麗ってことなのかな?
b0213806_2274845.jpg

帰り道に寄った展望台からは、善五郎の滝と乗鞍岳が一望できますので、ぜひ寄り道してみてください♪
b0213806_22115331.jpg


駐車場に戻ったら、今度は三本滝を見るために車でMt.乗鞍スノーリゾートへ移動します。

休暇村が建っている駐車場に停めて、1回分のリフト券を購入して上へ~♪
b0213806_22283418.jpg

一つ目のリフトを降りて間違いに気づきました・・・私たちはスキー場内の三本滝レストハウスまで行きたいので、もう一つリフトに乗らねばならないのです。チケットはもうありません(笑)

まじか・・・

三本滝レストハウスまで標高差は60mほど。運動不足だったし丁度いいか~とテクテク歩くことにしました。
b0213806_22295969.jpg

スキーコースとは別の林道を30分ほど歩いてようやくレストハウスに到着。
b0213806_22314352.jpg

滝までは30分弱の道のりの様子。
b0213806_2232459.jpg

のんびり歩きましょ~♪
b0213806_22321935.jpg

雪の状態は固め。微妙な幅のトレースが逆に歩き辛く、早々にスノーシューを放り出したくなりました・・・。
b0213806_22334666.jpg

みんな、歩幅狭いよね!?コンパクトなスノーシューなのかな~??
かといってトレースをはずれて歩くのもやり過ぎると危険。
b0213806_2234247.jpg

小川が流れていますので、大きく外れるのは止めた方がいいかもしれません~。

滝への最後の橋を渡って、ツルツルに凍った場所をなんとか攻略したら

三本滝に到着~♪♪
b0213806_22345966.jpg

あれ!?
b0213806_2237966.jpg

凍ってる・・・のかな??
b0213806_22375249.jpg

壊れたのか凍ってる途中なのか、微妙なところ・・・
b0213806_22381424.jpg

あ、でも凍ってるところはスゴイ。


・・・うん、でもビミョー(笑)


「“ワーイ♪”っていう写真撮ったら?」

仲間の提案に、ちょうど滝で入れ違いとなった山ガール達がお立ち台で「ワーイ♪」と写真を撮っていたことを思い出しました。

え?うん、じゃあ、撮っとこうかな
b0213806_22415100.jpg

テンションが低いと言われました(笑)

実は滝の姿にちょっとだけガッカリして、そして、あの山ガール達のように無邪気に喜べなかった自分がすごく俗っぽく感じて嫌だったのでした。

贅沢になっちゃってたな~

自分ではアクセス面からも来ることができなかったこの場所に連れてきてくれた仲間への感謝も忘れてました。
イカンイカン。

念願の善五郎の滝と三本滝を見ることができただけでも良かったじゃん!

迫力としては善五郎の滝に軍配ですかね~。三本滝が全面結氷したら凌ぐかな?
残念ながら今の時点ではまだまだという感じ。時期的にも今年は厳しいかもしれません。



滝は日陰になっていて長居すると冷えてしまいますのでこれで退散することに。
来た道をそのまま戻って、三本滝レストハウスで昼食をとって、行きにリフト券を買い忘れて歩いた林道を利用して駐車場まで帰ります。
b0213806_23121356.jpg

林道はくねくねと面倒なので、できるところはショートカット。
b0213806_23131452.jpg

ふかふかの雪だったら最高のスノーシューポイントですよ~♪♪
今日はバサバサとイマイチな感触ですが、ガリゴリでないだけ良かったかな。
b0213806_23175196.jpg

たまに川が流れていることもありますので、ショートカットも慎重に。誰かのスノーシューの跡もありますが、鵜呑みにするのは危険なので気をつけましょ~。私たちは携帯のGPSで確認しながら下りましたが、これも賛否両論・・・電波が繋がる保証もないので地図も持つべきですね~。
b0213806_23182116.jpg

最後は散策路のような場所を歩いて休暇村の裏手に出たら、本日のスノーシューはおわり♪
b0213806_23185211.jpg


休暇村表側の駐車場に戻り、白骨温泉に寄りつつ高山経由で帰りました。


今回、善五郎の滝と三本滝を車移動を挟んで歩くというプランでした。

善五郎の滝用の駐車場と、休暇村の駐車場までは、少し歩きますが何十分もかかる距離ではありませんので

【善五郎の滝用駐車場→休暇村まで移動(徒歩)→第一&第二リフト(800円)→三本滝レストハウスから三本滝→善五郎の滝→善五郎の滝用駐車場】

というコースも良さそうです。
最初から最後までしっかり歩けて“がっつり雪遊び!!”を味わえると思います♪


今シーズン初のスノーハイク。
あまりの雪の少なさに若干諦めていましたが、なんとか雪遊びを楽しむことができました。
しかもそんな状況で、今年の妄想登山の一つでもあった“凍った滝を見る”もとりあえず実現(笑)

倒木による通行止めから冬に遊ぶ難しさも・・・天候、雪、体調、そして道路状況。クリアするハードルが増えるんだもん。そりゃ条件が全部揃うなんて奇跡みたいなもんだよねえ。


下山後に倒木状況を調べたら、孤立状態となっていた半数が下山完了したとのニュース。ひとまず良かった、一安心。



通行止めによりまったく予定通りにいかなかった週末だったけど、輝く雨氷を見て、風もなく穏やかな天気の日にスノーハイクができたことに満足です!

途中テンションが下がったりしたけれど、結構楽しかったぞーい♪
b0213806_23254537.jpg

カモシカスポーツで良いアイテムを手に入れることもできたので、またその話もしたいと思いま~す♪♪

今日はこれで。
[PR]
by asaasa32 | 2016-02-02 22:21 | 山歩記録 | Comments(10)
Commented by yamamihochoco at 2016-02-03 11:41
asaasa32さんこんにちは(´▽`)
一日目の氷の森の写真、あちこち通行止めは大変でしたが、とっても美しい景色ですね!
山に行きたくてしょうがない私には羨ましい旅です。
スノーハイクの時の格好は、やっぱりスノボに行くときのような
手袋とか防寒ウェアなんでしょうか?
暖冬だし、思い切って低山の雪山に行こうかとも考え中ですが、
どれくらい寒いのか想像もつかず・・・。
フリース&薄手のダウンに一番上は、防水目的でゴアテックス
では不十分なのか・・・。アドバイスいただけると嬉しいです。
長々すみません( >_<)
Commented by hibikorekouji2 at 2016-02-03 21:01
雪景色を堪能させて頂きました~♪
初めて見る「雨氷」と「凶器になりそうなツララ」に釘付けになりました。
自然が織り成す造形美、なんて奇麗なんだろう!!!
迫力もあるんだろうなーと想像力フル回転中です^^
Commented by asaasa32 at 2016-02-03 21:42
yamamihochocoさん、こんばんは♪

スノーハイク時のウェアですが、私は上下ともゴアテックスのレインウェアを使っていますよ~♪

トップス:ウール長袖&Tシャツ+フリース+レインウェア
ボトムス:極厚タイツ+レインウェア

って感じですが、それほど不都合はないです。この極厚タイツについては近々レポしますので少々お待ちください!

行動中の手袋は、ウールのもの1枚です。
カメラを操作するのに厚手の手袋は面倒で…予備に秋冬トレッキング用の防寒&防水のものと、念のためボード用のものを持参しています。

上記のウェアリングで、蓼科山や元旦の竜ヶ岳→極寒、入笠山などの軽いスノーハイク→適温でした。ちなみに私は暑がりです…。

とりあえず、最初は厚手のアンダーウェアを買い足して、手持ちのウェアを活用する方向で十分だと思いますよ~♪

今年は雪が少ないので、スノーハイクを始めるにはちょうど良いと思います♪
入笠山などは初心者向けなのでオススメです!ぜひチャレンジしてみてくださいね~♪♪

長々と失礼いたしました~!
Commented by asaasa32 at 2016-02-03 21:59
hibikorekouji2さん、こんばんは~!

雨氷に気づいたときは、寒さも忘れて見入ってしまいました。
本当に、こういうものを見ると、自然の力に圧倒されます。まだまだ知らない景色がたくさんありますね♪

なんて日に来てしまったのだろうかと後悔して、素晴らしい景色を見て幸せな気分になって、いつも“自然”に振り回される、そんな感じです(笑)
Commented by あいみ at 2016-02-03 23:17 x
ニュースで雨氷のため村人が停電の中孤立化ってやってるのを見て、山行ってたら。。と思ってたけど、まさか身近にいたとは。
でも珍しいものみれたね✨
『うひょう』って入力すると『雨氷』って変換されるんだ??びっくりした位、初めて耳にした言葉だったよ。
今年は春が早いらしいから、行かずに春を迎えそうだよ。でも寒いからそれでもいいかってくらい寒い??
Commented by asaasa32 at 2016-02-04 22:50
あいみちゃん

ええ、渦中へ突っ込んでました…
前も、高見石小屋が雪で行けなかったし、今回もやし、大雪の情報の時は何かしらあるよね。当たり前やけど(笑)

春早いの⁉︎
ああ〜でもいいかも。最近すごく寒くて朝起きれない。早く暖かくなって欲しい!
Commented by ぼの at 2016-02-05 01:00 x
わぁ、いいなぁ。雪山~♪
私はといえば、昨年末に雪上歩行訓練で木曽駒に行ったっきり(涙)。
今年に入ってから全然予定が合わず、まだ行けずじまい…
今年こそはと思っているのですが、ちょっと無理っぽいかな(泣)。
滝の凍った景観は滅多に見えるものじゃありませんね。
私もまだ見たことないのですが、写真見るだけでも感動ものです。

ところで「雨氷」という言葉、私も初めて耳にしました。
たまに中央線の中津川から向こうで、"倒木のため運行を見合わせて…云々"
というのは、このことだったんですね。
なんでそんなに倒木するんだろうと不思議に思っていたのですが、今日判明しました(笑)。

Commented by asaasa32 at 2016-02-07 23:38
ぼのさん、こんばんは〜♪

凍った滝は今年見たかったものの一つだったのですが、それよりも雨氷のインパクトが大きい山旅でした〜。
倒木結構多いんですね。今回倒木の撤去作業員さん達を見かけて、この人達のおかげで道路を安全に走れるんだと改めて認識しました。今回は色々と勉強になりました♪

せっかく雪上訓練も終えて準備万端でしたのに、今年の雪の少なさは残念なところですね。まだ残雪期も合わせれば、チャンスもありそうなので諦めないでください〜!
かくいう私は、若干諦め気味ですが…^^;
Commented by かい at 2016-02-08 01:10 x
雨氷、枝の先だけが同じようになっているのを見たことがありますが、一度溶けたのがまた凍ったもんだと思ってました。特別な条件でしか出来ないんですね~

あとはいつもと同じ(笑)。うらやましい限りです~
雪山じゃなくて良いから山行きたいなあ・・・
Commented by asaasa32 at 2016-02-09 23:53
かいさん、こんばんは!

今回のような木全体が氷に覆われるほどのものは初めてで、世の中不思議な現象がまだまだあるなあなんて思いました。

無理矢理行ったスノーハイクですが…私も次回の予定は未定です^^;
スノーハイクだと1人ではなかなか勇気が出ないので、そこらへんの小さな山でも軽く登ってこようかなあって感じですよ〜。
かいさん、お忙しそうですが、なんとか山に行けるといいですね。チャンスを狙ってください!
<< 2016年行きたい山リスト♪ 宮古島 >>