<< 金勝アルプス 燕山荘 >>

蓼科山

久しぶりの八ヶ岳は、久しぶりの山仲間と。
b0213806_22341010.jpg







蓼科山(長野県茅野市)2531m
2015年12月12日





蓼科山には登山コースがいくつかありますが、おそらくメジャーコースは“大河原峠から1時間半ほどのルート”か“女神茶屋から3時間のルート”のどちらかとなっています。

そりゃもちろん大河原峠からでしょ!と思ったのですが、残念ながら大河原峠がある蓼科スカイラインは冬季通行止めとなってしまうため、必然的に女神茶屋からの出発となりました。

雪が無いし・・・と諦めきれずに佐久市に確認したのですがやはり通行止め。雪の有無は関係ないみたい。そりゃそうか。


ビーナスラインには雪もなければ凍結もなく。
b0213806_22475375.jpg

それでも前方に見える蓼科山は、山頂の方がうっすらと白くなっていました。

樹氷的なものが見れるかも!?

女神茶屋付近の駐車場に車を停めて、ワクワクしながら準備。
ちなみに駐車場と登山口にトイレはありませんので、途中のコンビニ(結構手前)か蓼科温泉共同浴場の公衆トイレ(わりと近め)を利用するのが良いと思います。

8:30
出発~♪
b0213806_22525199.jpg

早朝の登り始めにはありがたい緩やかな道から。
b0213806_22533793.jpg

なんとなく体が慣れてきた頃から徐々に登りが始まります。
b0213806_23101621.jpg

そして足元は中途半端な雪道とゴロゴロ岩。
b0213806_2310292.jpg

滑らないように慎重に足を置いていきます。
登山道の木はちょうどよい手すりです。みんなが掴まるのでピカピカに磨かれた木も。
b0213806_23103813.jpg

立ち枯れた木々の間からは蓼科山の姿が見えました。
まだ白い!このまま溶けずに残っていてほしい!!
b0213806_23104954.jpg

この辺りのトレイルはまさにスケートリンクのようになっていました。
b0213806_2311138.jpg

ツルンツルンの道には不思議な氷が散らばっています。
b0213806_23113337.jpg

何かと思ったら、樹氷の氷が落ちたもの。キャンディーみたい!
b0213806_23114890.jpg

その落ちてくる氷を撮りたくて、木をユサユサ揺らすのですが・・・
b0213806_23115913.jpg

ゴミ・・・??(笑)

スケートリンクはまだまだ続きますよ~。
b0213806_2312134.jpg

滑って転んで腰でも強打したら大変ですから慎重に!
b0213806_2312247.jpg

見たことがないくらい大きく育っている霜柱もありました。この時期ならではの風景。今年は雪がなかなか降らなくて暖かい日が続いているけれど、ゆっくりと冬へ向かっているようです♪
b0213806_23192389.jpg

スケートリンクを超えたら、いよいよデンジャラスゾーンへ。
b0213806_23201347.jpg

氷と岩でツルツルの急登を、腕もフル活用して登っていきます。
b0213806_23294155.jpg


標高を上げるにつれて、木も白くなってきました。
b0213806_2081593.jpg

うっすらと雪がついた姿は珊瑚みたい。
b0213806_23281159.jpg

雪をまとったマツや岩は粉糖をまぶしたようで美味しそう。
b0213806_23193643.jpg

久しぶりの冬景色にテンションは上がっているのですが、登っても登っても続く急登・・・。
b0213806_23295387.jpg

明日絶対に筋肉痛だよ、これ。
b0213806_20132842.jpg

ワシワシと登っていく仲間たちに引っ張られるように歩いて行くと、真っ白なガスの中、ゴツゴツとした岩場が見えてきました。
b0213806_2151474.jpg

ゴールはもうすぐ!
b0213806_23304019.jpg

最後の登りを四つん這いになってヨジヨジしたら一気に樹林帯は眼下へ。
b0213806_23304912.jpg

やっと抜けた~

そう思った瞬間に、サーッとガスが晴れてきて、頭上は真っ青な空が広がりました。
b0213806_2331284.jpg

山肌の向こうには真っ白になった槍穂高!
b0213806_23312572.jpg

うわー!!めちゃくちゃ綺麗!!
こっちもすごい!!
b0213806_23323227.jpg

太陽も上がってきたので樹氷は少し諦めていました。まだ残っていて良かったです♪
b0213806_23322423.jpg

しかもこのタイミングで晴れてくるなんてツイてるな~♪♪
b0213806_23323867.jpg

ふと足元にはコロンと丸い花のような雪。
b0213806_23331458.jpg

雪の花を見ながら歩いて

11:30
山頂到着~♪♪
b0213806_233322100.jpg

標識はもちろん、ちょっとした岩にもエビの尻尾が育ち中。
b0213806_2335199.jpg

そしてこの景色!
b0213806_23333666.jpg

青い空の下はモノクロの世界。雪と岩が作る陰影がすごく面白い。
b0213806_2333454.jpg

その向こう側には北アルプスがずらり!穂高連峰、槍ヶ岳から始まって
b0213806_23335921.jpg

表?裏銀座?鹿島槍ヶ岳らへんと白馬岳も見えてるよね?
b0213806_23335280.jpg

あれは劔かな。

ちょっと遠目だったので、なんとなく山座同定。見て分かる山が増えてきました♪
そして北へ行けば行くほど、白が濃い気がします。やっぱり雪が多いんだな~。

ずらりと連なった北アルプスは圧巻。
そういえば、一昨年北横岳から見たときは、この蓼科山が邪魔をして全部が繋がっている姿が見れなかったんだっけ。その邪魔していた蓼科山に登ったんだから、そりゃ全部見えるよね。


一通り景色を堪能したら蓼科山頂ヒュッテへ移動。
b0213806_23342519.jpg

小屋からは浅間山もよく見えました。
b0213806_23344360.jpg

こんなに近くで見るのは初めてかも。独特の縞模様はもう少し近くで見てみたい。

ヒュッテはもう閉まっていますので、風が当たらない場所を選んでランチタイムです♪
b0213806_23343427.jpg

今日はちょっと奮発・・・ムフ♪

すっごく美味しいんだけど、すっごく寒い。

カップラーメンにすれば良かったかなあとも思ったのですが、お湯は注いだ瞬間から冷めていくので悩むところ。
隣で食べていたオニーサンたちはお湯割りが一瞬で水割りになってしまったようだし、カップにうっすらと残ったコーヒーが短時間でシャリシャリに凍りかけていたし、山頂は氷点下で冷凍庫のようなものです。

ガッツリ食べるのを諦める?
保温ポットでお弁当を持っていく?
タープ的なものを購入する?

これからの時期、ランチはどうすれば良いのか考えなくちゃ。


結局、あまりの寒さにご褒美として持参したデザートは食べることができずに下山することにしました。

帰りましょうか~♪
12:30
下山開始!
b0213806_23345094.jpg

念のために軽アイゼンを履いたので、それはそれはメチャクチャに歩き難いです。
b0213806_23351078.jpg

しかも、ほら、あの岩とアイゼンの刃が擦れる音は黒板を爪で引っ掻く音!!ヒイ~!ゾワゾワする~~!!
b0213806_23353239.jpg

身悶えしながら下山(笑)
岩は平らなものがほとんどなく、足を置く場所が斜めのものばかり。
普通に歩いているときは気にならないけど、アイゼンを付けるだけで足場の悪さがとても気になります。

「アイゼン付けてもつけなくても、靴はいつもフラットに置くんだよ!!」

行きにすれ違ったオトーサンがお仲間に叫んでいたセリフを思い出します。
「恐々下りるんじゃねえ!滑らねえよ!!」的なセリフもあったような気が・・・。実践してみるも難易度が高いです。

なかなかアイゼンを信じることができなくて、これまた登りと同じように手を使いながら下りていきます。

雪がちゃんと積もっていたら、この道も楽に下りられそう。
b0213806_23354078.jpg

行きに見たスケートリンクを超えるまでアイゼンを履いたまま歩きました。
b0213806_20481193.jpg

歩き比べてないから実際はどうか分かりませんが、この時間に下山するならアイゼンは履かなくても良かったかもしれません。

アイゼンの脱着のタイミングがイマイチ分からず・・・これも経験を積み重ねていけば分かるようになるのかな。

というか、体温調節と同じでこまめに付けたり外したりすればいいのかな。

アイゼンを外した後の足はとても軽やか。
b0213806_23354884.jpg

日が傾いてきた最後のトレイルをのんびり歩いて
15:20
無事下山♪
b0213806_23361366.jpg

お疲れ様でした!




夏や秋のハイシーズンは他に魅力的な山がたくさんあるし、春や冬は雪山になって自分には届かなくなる。
そんな理由で、蓼科山はなんとなく気が向かない山となっていました。

一週間前にインスタなどにアップされた蓼科山の写真は、コバルトブルーの空に真っ白な樹氷と北アルプス。
自分の目で見てみたいと思い、しかも12月にしては雪がほとんど無いという状態で「行けそうだなあ」と訪れました。


結果は、とても中途半端な時期で、氷と岩のツルツルトレイルに悪戦苦闘したのですが、それでも山頂から見た360度の大絶景は、またぜひとも雪の季節に来たいと思うほどの美しさと迫力があり大満足の山歩きに。


蓼科山、良い山でした~♪
夏は大渋滞なんですって!納得の景色ですもんね。


女神茶屋からのルートは一本道で迷うところがありませんので、今度はもう少し雪が積もった時期に行ってみたいです♪♪




次はどこに登ろうかな~♪
そろそろ雪が積もって欲しいんだけど・・・( ・∀・)ほどほどの寒波よ、早く来い。
[PR]
by asaasa32 | 2015-12-16 21:42 | 山歩記録 | Comments(6)
Commented by あいみ at 2015-12-17 21:08 x
傾いてる岩にフラット?本当に?本当か?
どうしても信じられず、あーもアイゼンが歩きにくいものだとは思わなかった。
前イモトがマッターホルンに登る時に一本の歯を岩に引っ掛けれれば大丈夫って言われてたのを思い出した。
絶対無理だわ。ありえん( ̄- ̄;)
これってトレーニング?これは信じるしかないのか。いつか信じられるのかなぁ。
とりあえず、ふかふかの雪の上を歩きたいなぁ。それが1番じゃない??
Commented by asaasa32 at 2015-12-18 22:36
あいみちゃん

バランスも取りにくくて、体幹の無さが原因かなとも思ったけど、やっぱり慣れかねえ。
あと、アイゼン翌日まで放置したら錆びた…慣れるとかの前にメンテくらいしっかりしろよって話やった^^;


ふかふかの雪賛成ー‼︎
早く積もってくれるといいんだけどね〜♪クリスマス寒波とかお正月寒波とかを期待している。
Commented by yamamihochoco at 2015-12-19 20:32
うわぁ。すごい景色ですね!
冬山って本当に白一色の世界だと思っていたので、
こういう景色は初めて見ました!
こんな景色いつか見れたら・・・。

参考までに聞かせてください_(._.)_
軽アイゼンは4本爪でしょうか?それとも6本でしょうか?
来週山ショップに買いに行く予定です!
Commented by asaasa32 at 2015-12-20 21:01
yamamihochocoさん、こんばんは♪

雪景色も、いろんな表情があってそれもまた楽しみの1つですね!
今年は雪が少なくて、もう少し積もれば白一色になると思います〜。

私のアイゼンは6本爪です!
軽いスノーハイクなら不都合なく使えてますよ〜♪
この蓼科山ではチェーンスパイクを履いている方も多くて、歩きやすそうで羨ましかったです…あ、夏山の雪渓だったら4本爪でも大丈夫だと思います〜。

来週購入ですか!道具が増えるってワクワクしますね♪
良いお買い物ができますように〜‼︎
Commented by jima at 2015-12-24 19:42 x
こんばんは。それにしても今年は雪がないですね。暖かすぎます。
蓼科山に厳冬期に登った時は下りはシリセードで下りた記憶があります。
ちょっと岩が出ていた所もあり焦りましたが。。。

仰る様に、程よい寒波がほしいですね。
Commented by asaasa32 at 2015-12-28 22:29
jimaさん、こんばんは!

あの下り、シリセードしたいって思ったんです!
岩が出てるなんて、危険な滑り台…(笑)

クリスマス寒波来ませんでしたね~。あとはお正月寒波…は来なさそうですね~。最近は、その分夏山が早く来るかもと期待し始めました。
<< 金勝アルプス 燕山荘 >>