<< せせらぎ街道 栂池自然園 >>

大川入山

“遠くから眺める”から“木々の中を歩く”へ
b0213806_23252349.jpg







ここのところの紅葉山行は“遠くから山肌を眺める”のがメインだったので、そろそろ赤や黄色の木々のトンネルを歩きたいなあと、当初は籾糠山を予定していました。

調べてみると白川郷から国道360号線が通行止めになっていることが分かり、古川町からだとちょっとアクセスが面倒になるのでどうしようかと迷っていたところ。

前日の土曜日になって、急に大川入山が頭に浮かび調べてみると紅葉が見頃だとか!


2年ほど前から気になっていた山。
これは行くしかないでしょ~!!



木曽駒ヶ岳に続き、おひとり山歩きでーす♪



大川入山(長野県下伊那郡阿智村)1908m
2015年10月18日





5時前にかけておいたアラームには気付いたのですが、そのまま二度寝。意識を取り戻したときにはもうすでに7時前でした・・・どうも一人のときは起きれません。


うわーやっちゃったなあと思いつつも、しっかり朝ごはんを食べて7時半に出発です。


登山口までは2時間弱。
コースタイムは多分5時間程度。


この時間でも多分大丈夫と考え高速を走り、9時半頃に駐車場へ到着しました。
b0213806_00312.jpg

駐車場はココと道を渡ったココ。
b0213806_0113538.jpg

あの道を奥に進んだ突き当りが登山口になります。登山口前にも数台駐車スペースがありました。
この時間に到着しても余裕があり、とりあえず一安心。

トイレは登山口に無さそうだったので、駐車場に併設されていたジャム工房のトイレを借りました。早朝だと開いていないかもしれませんのでコンビニ等で済ませておくことをオススメします。(ちなみにコンビにも付近には無く、園原IC下りて昼神温泉町のサークルKが最終コンビニとなっています。)

気をつけて道を渡って登山口へ。
b0213806_0202486.jpg

なにやら山頂までの略図があったので見てみると・・・
b0213806_0231811.jpg

登り4時間!?
b0213806_0233077.jpg


まじか!!

登りは2時間半から遅くて3時間とみていただけに大誤算。

4時間だと到着は14時・・・ダメじゃないけど今日はソロなので最終登山者になることは避けたいところ。
ただ、このテの看板は大体盛っていることが多いので最悪13時を撤退時間とすることにしました。
b0213806_0261559.jpg

登山口までの数分をテクテクと。

10:00
出発でーす♪
b0213806_0301380.jpg

始まりは木の根トレイル。
b0213806_0362990.jpg

この辺りは標高1100mほど。まだまだ木々は緑色。
この根っこが良い足場になっていて見た目よりは登りやすいです。
b0213806_0414326.jpg

木の根トレイルが終わると、徐々に赤色に染まったモミジが増えてきました。
b0213806_0374744.jpg

そうそう、これこれ♪
b0213806_044389.jpg

頭上も足元も秋。
b0213806_044454.jpg

太陽の光が差し込んでキラキラと光る紅葉に大満足です♪
b0213806_0445593.jpg

しばらくモミジトレイルを楽しんだら
b0213806_0473291.jpg

一箇所だけ崩落箇所がありましたのでここだけ注意。
b0213806_05024.jpg

左側へ巻いていく感じで登っていきます。トラロープもありますが使わなくても大丈夫。
b0213806_0541610.jpg

わわっ景色が開けてきた!あのピークが山頂かな?
b0213806_0511826.jpg

めちゃくちゃ紅葉してる!!
山頂付近は笹の緑に赤い点々。紅葉のトンネルを歩きたかったのですが、あの景色を見たかったのも大川入山を選んだ理由。
もう少し歩けば近くで見れるよね♪
b0213806_0531498.jpg

急登が終わって少しなだらかに歩いて行けば
b0213806_0584771.jpg

10:50
横岳到着♪
b0213806_0595119.jpg

横岳を過ぎてほどなくしたら、早くも下山してきたオニーサンとすれ違いました。
「今日は良い天気で、もう少し登ると紅葉もすごく綺麗ですよ!」ですって♪
b0213806_21191619.jpg

大川入山は何度も登っているとのことで、そんな人からの情報なら良い時期に来たんだ!とテンションが上がります♪

ついでに山頂までの時間も確認。ここから山頂まで2時間くらいですか?と訊ねると、一瞬固まってから「・・・そうですね、それくらいですねえ。」とオニーサン。

その微妙な“間”が気になりましたが、とりあえず信じることにしました。
b0213806_21232528.jpg

横岳からは尾根歩き。アップダウンがありますが、どれもすごく短くてすぐに終わってしまうので、おさんぽ気分で歩くことができます。
b0213806_2120946.jpg

気になるのは太陽を隠し始めた厚い雲・・・今日の天気予報はピーカンだったはずなのになあ。
b0213806_2119269.jpg


さっきよりもずっと近くに山頂らしきピークも見えてきましたよ!
b0213806_2120029.jpg

赤く染まった木がモコモコと飾り付けられたようで可愛いな~♪
b0213806_21461460.jpg

これまでずっと看板の類がなかったのですが、ここに来てようやくカウントダウン開始。
b0213806_21555876.jpg

この後に一度大きく下ってから登り返します。
その辺りから、次々に下山してきたたくさんのハイカー達とすれ違い始めました。
b0213806_2155828.jpg

私が一人でいることに驚いたようで


「えっ一人なの?大丈夫?」

「気を付けてね!」


たくさん声をかけて貰いました。ありがたい~嬉しい~。


あと1km!
b0213806_2294056.jpg

山頂までの標高差と距離から、あと30分、12時半くらいには着くかな。

ちょっとゴールが見えてきたな♪そんな風に考えながら登っていると、またもやすれ違いのオトーサンに「ひとりか!大丈夫か!?あと1時間以上はかかるぞ!」と言われてしまいました。



ええっ!

1時間以上かかるの!?


それだと13時過ぎ。撤退時間です。

ギリギリだなあ・・・。

途端にテンションが落ちてしまいました。しかもここからが一番辛いところ。


見たかった紅葉だけど・・・
b0213806_2220986.jpg


ツラーイ!!

b0213806_2221278.jpg

気分が落ち込むと体力にも影響があるようで、さっきまでとは比べものにならないくらい体が重くなってしまいました。
b0213806_22234015.jpg

「山頂からはもう雲で見えないよ」と下山中のオトーサン。

オトーサンよ・・・話しかけてくれるのは嬉しいが、追い討ちをかけるのはやめてくださいな・・・。
b0213806_22263232.jpg

すべては寝坊のせい。
曇ってきちゃうし、時間は迫ってるし、登りは辛いし、朝からやり直したい!!

ちっとも足は進まなくて、後ろを振り返ってばかり。

ああ、どうしようかな。まだまだ1時間もかかるなら山頂はちょっと厳しいなあ。
空模様もイマイチで、「山頂にたどり着けないならもう帰っちゃおうかな」そんな気持ちがとても大きくなってきます。

とりあえず、あのピークまで行こう。
b0213806_22284296.jpg

そしたら山頂が見えるだろうから、それを拝んで次回のリベンジを誓って帰ろう!
b0213806_22303534.jpg

俯いて、ノロノロと登って、もう少しかなあと見上げたらピーク手前からこちらをガン見している女子が・・・。


すっごい見られてるわ~・・・あれ??



ああ~~っ!
栂池自然園で偶然出会った山仲間!またしても!!


なんという偶然。
他にも山はたくさんあるのに、あまりにも連続で会ってしまったことにお互いに大爆笑です。


ふふふ。気が合うね。


すっかり落ち込んでいた気分は一気にアップ♪♪山で知り合いに会うってすごく嬉しいんだなあ。



もう山頂は諦めて、そこのピークでご飯にしようかと思ってたんやて。
ピークを指して言うと、彼女からは「あれ山頂だよ?」と衝撃の一言が(笑)



・・・オトーサンめ。盛ったな。1時間もかかってないぞ。

ニヤリと笑いながら、最後の数歩を登って
12:40
b0213806_2238871.jpg

誰かが残した落ち葉の日付。10月18日、一時は登頂を危ぶまれましたが、無事到着することができました。
良かった~♪

下山し始めていた仲間が、私に付き添って山頂まで戻ってくれたので、お昼ごはんを食べる間、いろいろとお喋り。次回の約束をして、一足先に下山する仲間を見送りました。

山頂はそれほど広くなくて、20人も入ったら満員状態になりそう。
遅くなっちゃったと思ったけど、時間がずれてよかったのかもしれません。
b0213806_22432182.jpg

北アルプスや南アルプスが見えるそうですが・・・
b0213806_22443554.jpg

うーん、残念でした。
やはり寝坊がすべての・・・以下省略。


13:10
さくっと下山しましょうか。
b0213806_2245342.jpg

山頂からの眺めよりも下山を始めてからの方が良い景色。
b0213806_22505756.jpg

あんなに辛かった道もサラリと終わり、あとは楽しい尾根歩き♪
b0213806_22544291.jpg

帰り道は思う存分紅葉を堪能します。
b0213806_22563397.jpg

この辺りから雲が切れ始めて光が差し込んできました。
b0213806_22575084.jpg

綺麗だな~♪
b0213806_22581781.jpg

風が吹いたときに、カラマツの葉がヒラヒラと落ちる音と
b0213806_22585626.jpg

その葉が帽子や肩に落ちてきてカサカサと立てる音
b0213806_22592417.jpg

時々聞こえるハイカーの楽しそうなお喋りの声
b0213806_2375484.jpg

そんな静かなトレイルを楽しんで
b0213806_2385824.jpg

最後の木の根トレイルを転ばないように済ませたら
b0213806_23152990.jpg

15:00
無事下山♪
b0213806_23172349.jpg

アスファルトの道路をテクテク歩いて駐車場へ戻りました。

昼神温泉を楽しんだ後は、ナゾの渋滞に巻き込まれながらも夕方のうちに岐阜へ。
なんだかすごく疲れてしまい、片付けも早々に20時に就寝してしまいました。



お手軽に大川入山でも~♪


舐めてかかりましたが、山頂直下の最後の登りは撤退時間の焦りと山頂が分からず先が見えないだけに辛かった・・・。

「お手軽」と思った山がお手軽だったことってほとんど無いのに、いつも勘違いしちゃう私の頭はどうなってんだろうと思った1日でした(笑)

どんな山か分かったから、次回はもっともっと楽しく登れるかな♪



岐阜から登山口まで2時間以内で、行動時間も5時間以内とお手頃。

カラマツの尾根歩きはすごく楽しかったので、また季節を変えて訪れてみたいです。




今週末も紅葉を追いかける予定。


寝坊はしません!!絶対に!!!
[PR]
by asaasa32 | 2015-10-20 23:36 | 山歩記録
<< せせらぎ街道 栂池自然園 >>