<< 鳳凰三山 その1 黒部五郎岳 ~折立から新穂高へ... >>

黒部五郎岳 ~折立から新穂高へ縦走!~ 4日目

b0213806_205607.jpg

最後の日に一番近くで見た。







黒部五郎岳(富山県富山市、岐阜県高山市)2839m
2015年9月19、20、21、22日




1日目はこちら
2日目はこちら
3日目はこちら



****4日目の行程****
2015年9月22日
双六小屋キャンプ場から新穂高温泉へ
b0213806_2021941.jpg




昨夜は少し冷え込んだなあと起きたらテントがパリパリに凍っていました。

まずはトイレ!
昨日の黒部五郎小舎での待ち時間には辟易しましたので、先に済ませてしまおうという作戦です。

着替えてすぐに撤収です。
4日目ともなれば、さすがに慣れてきました。凍ったままのテントはそのまま畳んで念のためビニール袋へ。
今回は一度も撤収時に雨が降らなくて良かったなあ。


軽く行動食を食べたら
5:30
下山開始!
b0213806_21233082.jpg

木道から始まった道は徐々に岩の道になり、ゆるやかに登っていきます。
b0213806_21235652.jpg



起きたときには星空が見えた。

背後には鷲羽岳と前方には笠ヶ岳がくっきり見えている。

空には雲ひとつない。


双六小屋からの下山は3回目。
どこまで行けばソレが見えるか分かっています。


はやる気持ちを抑えて、一歩一歩ゆっくりと登って行って、ふと見上げたその場所でみんなが同じ方向を見つめていました。



来た!



残りの数歩を登り、その場所へ立ったときに目に飛び込んできたもの。

b0213806_21393640.jpg



この山旅の中、一番近くで見た。


うわあ・・・



歓声を上げようとしたけれど、それはできませんでした。




初日に重い重いザックに苦しんで雨の中歩いたこと。

大きすぎる黒部五郎岳の最後の登りの風景。

カールと双六小屋への巻き道で見た紅葉。




縦走はチャレンジでした。
本当に歩ききることができるか不安だった。






この旅のいろいろなシーンが甦って




ここまで来れた。



そう思った瞬間、自分の奥底の方からすごく大きくこみ上げてくるものがあって涙があふれてきました。

そのまま子供のように号泣しそうになって、周りにたくさんの人がいることを思い出して慌てて堪える。


背後に気配がして振り向くと、仲間がカメラを構えていました。
泣いているのを隠して笑ったつもりがまったく笑えずにそのまま歩き出す。

b0213806_2221399.jpg


それでも、とめどもなく出てくる鼻水をすする音で、これは隠し切れないなあと「泣けた」と白状。


b0213806_2236582.jpg

私も同じだったよ、と2日目の黒部五郎岳の肩で泣いた仲間の言葉。
b0213806_22421534.jpg

泣いちゃったねえ。
b0213806_22363218.jpg

山際から真っ直ぐに差し込む光を見ながら歩く。しばらくは落ち着かない感情が時々私の顔を歪めたけれど、花見平へ着く頃には収まりました。
b0213806_231912.jpg

朝ごはんはトマトリゾットとマッシュポテトに余ったレーズンパン。見た目はちょっとアレですが美味しかったです。この食事を終えて残った食料は、仲間がコーンビーフ1パック、私がラーメン1袋。1食分を残してちょうど良く食べきることができました。
b0213806_233523.jpg

花見平ではのんびりと1時間ほど滞在してしまい、気がついたらもう8時。
b0213806_2352019.jpg

そろそろ下山しましょうか。
b0213806_23204873.jpg

賑わう弓折乗越はそのままスルー。
b0213806_23295043.jpg

鏡平山荘へ近づくにつれて紅葉が増えてきました。
b0213806_2332564.jpg

今年はナナカマドも綺麗に残ってます。
b0213806_23352794.jpg

そして太陽も昇ってきたので暑い!
b0213806_1024254.jpg

鏡平山荘まで我慢できず途中でフリースを脱いで
b0213806_013146.jpg

山荘で思わずカキ氷を食べようかと思ったのに長蛇の列で諦めて
b0213806_021913.jpg

鏡池を眺めながらとうとう半袖になりました。周りを見回すと半袖は私とマッチョなオニーサンのみ。
マッチョなオニーサンと同じくらいの熱量を発散しているのか(笑)最近、周囲と自分の体感温度がだいぶ違うと感じ始めています・・・みんな暑くないのかな~。


さて、鏡平から新穂高温泉登山口のゲートまでは4時間弱。
b0213806_04955.jpg

途中なんだかすごいスピードで下山する団体の中に巻き込まれてしまい、秩父沢までコースタイム半分で来ることができました。
b0213806_0123087.jpg

秩父沢を超えれば、あとは綺麗に整備された道が続きますのでほっと一安心です。
b0213806_03565.jpg

折立まで乗せてもらったタクシーの運転手さんが13時にゲートまで迎えに来てくれる予定。
b0213806_0453815.jpg

わさび平小屋で休憩しがてら時間調整します。
b0213806_0553579.jpg



ああ、本当にもうすぐ終わるんだな。


すごく大変だったけど終わってしまうとなると残念な気持ちも。

少し寂しさを感じながら最後の林道を歩いて
b0213806_112577.jpg



12:30
4日間の山旅、終了です!!


約束の時間より早めに到着したけれど、すぐにタクシーが来てくれてほとんど待たずに乗ることができました。
早めに来て私たちを待ってくれるつもりだったそうです。


「すごい!予定どおり下山したね~。」


運転手さんの労いの言葉に、戻ってきたんだなあと実感。

「じゃあ、これ。」お疲れさま!と差し出されたのは、冷たいお茶と高山のお団子!
b0213806_10343038.jpg

うおおお・・・嬉しい~!!

2年前に双六岳から下山して鍋平まで歩いて戻る元気がなく、バス停で座り込んでいるところを偶然拾ってもらったのがきっかけで知り合った運転手さん。それ以来ずっとお世話になっています。

「行ってらっしゃい」と「おかえりなさい」をこの運転手さんに言ってもらえて良かったなあ。



連休中の上高地や新穂高の凄まじい人出について聞きながら鍋平駐車場へ移動。
b0213806_10394979.jpg

初日に着いたときは暗くて気づかなかったけれど、ここからの眺めもとても良かったです。
それにしても駐車場は綺麗に広くなっていました。ここが満車になったなんて、やっぱりシルバーウィークってすごかったんだな。



「また来年会いましょう!」



そういって運転手さんと別れて、温泉に入り岐阜へ帰りました。









辛いことと嬉しいことが交互にやってきて、本当に躁鬱を繰り返した毎日でした。
仲間にはずいぶんと迷惑をかけちゃったなあと毎度のように反省・・・。




今思い出すのは、折立からの辛い登りや黒部五郎岳の最後の急登ではなくて


北ノ俣岳からの素敵な稜線や黒部五郎岳の素晴らしいカール。

巻き道の鮮やかな紅葉に、間近で見て泣いた槍穂高の姿。



そんなものばかり。
だから、また歩きに行ってしまうんだろうなあ。








4日間の山旅



“衣食住を担いで山を歩き続ける”



短い日数だったけれど、夢だったことが叶いました。




やったぞ~~!!!
b0213806_1463813.jpg





来年は、立山から薬師岳を歩いて道をつなぎたいです。


長いレポをお読みくださってありがとうございました!




3泊4日のテント泊縦走のお話、おしまい。






****黒部五郎岳の全行程****
9/19鍋平駐車場(520/530)--折立(730/800)--薬師峠キャンプ場(1245)

9/20薬師峠キャンプ場(500)--北ノ俣岳(730)--黒部五郎岳(1110/1220)--黒部五郎小舎キャンプ場(1410)

9/21黒部五郎小舎キャンプ場(620)--三俣蓮華岳(850/1000)--双六小屋キャンプ場(1200)

9/22双六小屋キャンプ場(530)--花見平(700/800)--鏡平小屋(845)--新穂高温泉登山口(1230)--鍋平駐車場(1250)
[PR]
by asaasa32 | 2015-10-01 11:20 | 山歩記録 | Comments(14)
Commented by jima at 2015-10-01 22:10 x
こんばんは、精力的に登山がされていて羨ましい限りです。縦走∪疲れ様でした。
黒部五郎は2度ほど伺っていますが、やっぱり綺麗ですね、素晴らしいです。
でもテント場が凄い事に。。私は平日に行くので、2回とも2~3張りくらいで、
逆に寂しいくらいです。テント場で賑やかなのは困りもんですね、お互い様の精神で思いやれば騒げないはずですが。。。過去に私も一度だけ学生グループにえらい目に合わされました。。
4日目の槍穂の景色は素晴しいですね!来年は行きたいなと思っています。
Commented by hibikorekouji2 at 2015-10-01 22:28
3泊4日のテント泊縦走のお話、たっぷり楽しませて頂きました♪
一足早くしかも絵のような美しい紅葉を堪能し、
読み進んで行くうちに私も一緒に縦走をしたかのような錯覚に陥ってました^^;
最後の運転手さんの気遣いに、ウルッときました。
人の縁って大切にしたいものだとつくづく思いました。
感動の山旅、お疲れ様でした^^
Commented by MARAIKA at 2015-10-02 09:01 x
初めてコメントします。はじめまして。ですが、ずっと前から「お気に入り」にいれて読ませて頂いてた愛読者です!
今回の槍ヶ岳を見た感動や純粋に気持ちを書いてくれるところ、運転手さんと素敵な相棒に、感動し、コメントしなければ!と思い、させてもらいました。
山って終わると、すぐに次どこにしようかなー?って思う魔力をもってますよね。また、素敵な写真と、ポジティブネガティブの感情がすごく素直で好きです!ありがとうございました!
Commented by yamamihochoco at 2015-10-02 20:54
素晴らしい山旅。
わたしもいつか、こんな素晴らしい景色に出会う経験ができたら。
夢が膨らみます!
どの写真もほんとうに素敵で、胸いっぱいです。
asaasa32さんの経験をシェアさせていただいて、本当に感謝です!!
あーーーー山行きたいです!!
Commented by taka at 2015-10-04 11:06 x
こんにちは。

最終日。
ここも懐かしく拝見。
振り返ると鷲羽岳。
この景色が僕は大好きです。
左手に槍が見えた時も感動しましたけどね。
でかい。
あれ縦走したんだなぁと蘇りますね。

カキ氷残念。
あれ疲れた後たまんないですもんね。
練乳押しでしたね。
でも縦走堪能しましたね。
本当にお疲れさまでした。
計画から実行に移すのは本当に大変。
縦走となれば体調・天気など不安要素いっぱい。
これで乗り切れたから大人になりましたね。
次ぎは立山から縦走したらとコメントしようとしたら
もう予定してるじゃないですか。
流石ですね。
これまた期待大で待ってますよ。

一日目のタクシーコメント。
失礼しました。
お金じゃない。って事で(笑)
そんな事があったんですね。
人との出会いは大切にしたいですね。

楽しく行った気にしてもらった4日間レポ。
また楽しみにしてるので安全登山しましょうね。
長々と失礼しました。
お疲れ様。
Commented by ぼの at 2015-10-05 00:50 x
4日間の旅、お疲れ様でした。
羨ましいです。
ほんとう、辛かったところもあったでしょうけど、
いい山行でしたね。
辛い登りを一所懸命登った先の絶景を目の当たりに瞬間が
至福の時ですよね。
何度もやめようと思いながら、それでも登りきった人だけのご褒美。

今、私もまた登りに行きたくてウズウズしています(笑)。
Commented by asaasa32 at 2015-10-05 20:00
jimaさん、こんばんは!

学生さんたちのグループって喋っている内容とか聞いていると微笑ましいのですけどね。あまりにも賑わしいと「このクソガキたちめ!!」なんて喉まで出掛かります(笑)
私も喋り声やガサゴソという物音に気をつけないと・・・本当にお互いさまですよね!

jimaさんは平日に登られるのですね~。たまに行く平日のテント泊や小屋泊は空いていてゆったりできるので羨ましいです。でもさすがにテント場に2、3張は寂しいですね。ちょっと心細くなってしまいそう。人が多すぎるのも少なすぎるのも嫌だなんてワガママですね。

折立から新穂高への縦走は槍穂高がだんだんと近づいてくるので本当に良いトレイルでした。
ぜひ来年行ってきてください!楽しみにしています♪
Commented by asaasa32 at 2015-10-05 20:07
hibikorekouji2さん、こんばんは♪

はい、本当にご縁だなあと。
この運転手さんとは最初の双六岳で拾ってもらったときはそのままお別れしたのですが、その半年後に上高地で偶然再会したときは運命だと思ってしまいました。そのときに名詞をいただいて、以来ずっとお願いしています。
刷り込みみたいな感じですかね(笑)

一緒に縦走した錯覚・・・書いている方からすると本当に嬉しい言葉です。
楽しんでいただけてなによりです!!

まだまだ紅葉レポ続きますので、暇つぶしにご覧くださいね~♪
Commented by asaasa32 at 2015-10-05 20:12
MARAIKAさん、初めまして!
うわあ、ずっと前から読んでくださっているなんて嬉しいです。コメントありがとうございます!

登山口や駐車場、山小屋やテント場等の情報をほとんど記載せず、自分でも時々「山レポとしてはどうなのか」と思うこともありますので、そんな風に言っていただけると自信になります。ありがとうございます♪

ふふふ、みんな同じなのですね。
私もあんなに辛かったことを忘れて、縦走後も山歩きしていましたので、そちらも順次書いていきますね~♪
Commented by asaasa32 at 2015-10-05 20:15
yamamihochocoさん、こんばんは♪

夢どんどん膨らみましょう~!
私が行けたように、いつか叶います!!

読んでくださっているみなさんとこの山旅を共有できて私も嬉しいです。

まだまだ紅葉続きますので、山に行ってきてください~!!
Commented by asaasa32 at 2015-10-05 20:30
takaさん、続けてのコメントありがとうございました♪

双六の帰り道は何度も後ろを振り返りながら歩きますし、槍穂が見えてからは左側をよそ見してばかりになるのでちっとも前に進みませんね。

カキ氷は本当に残念で、仲間によると、なんだかアイスクリーム的なものが乗っかってたそうなので来年は絶対に食べたいと思います。

ふふふ、ちょっと大人になりましたかね。
私は「折立から新穂高まで縦走したんだよ!!」と声を大にして叫びたかったのですが、北アルプスにはすごい縦走を繰り広げているハイカーがたくさんいて、まだまだ私はヒヨッコであることが分かりました。
来年はもう少し楽に縦走ができるようになることが目標です。

takaさんも、縦走お疲れさまでした♪
Commented by asaasa32 at 2015-10-05 20:34
ぼのさん

はい、良い山旅でした!

頑張って登ってもガスガスで景色が見えないこともある中で、今回は天気に恵まれて素晴らしい眺望というご褒美にありつくことができました。

至福の時間・・・普段生活しているときはあまり感じないのに、山ではこの瞬間がたくさんありますよね~やっぱりやめられませんね!

ぼのさん、まだまだ素敵な山はたくさんあります。もちろん自転車もとても素敵ですが!私としては、もっともっと山にハマってしまえば良いのに~なんて思います。

今週末登っちゃってください(笑)
Commented by tukinobo at 2016-08-13 18:24
asaasaちゃんの文章力の高さで
すいすいと読みすすみ、
バターサンドで笑いました。
すごいなーーー、マルセイバターサンド。
だいすきなんだね(・∀・)

双六手前のパッチワークのような紅葉も
きれいね、赤・オレンジ・黄色に緑があざやか。
花見平の槍の写真もかっこいいです。
そしてasaasaちゃんは、とっても健脚なのね。
と気づいたのでした。

あー、秋もすてき。
秋の鷲羽、水晶にも行ってみたくなりました。
Commented by asaasa32 at 2016-08-14 23:49
tikinoboさん

懐かしい記事にコメントありがとうございます♪
自分で読み直して、「ああ、そうだったなあ」なんて懐かしく思い出しました。

バターサンド大好きなんです♪
10個入り全部持っていきたかったんですけど、重すぎて泣く泣く仲間と私の2個だけに。
絶対に黒部五郎岳の山頂で食べるって持っていきました。

健脚ではないですよ~
もっとガッツガッツ歩けるようになりたいです…。とか言って特にトレーニングもしませんが(笑)

秋の黒部五郎岳ぜひ!
山頂は気合が要りますが、カールはもう一度行きたいです(´∀`)♪
<< 鳳凰三山 その1 黒部五郎岳 ~折立から新穂高へ... >>