<< 角田山 ~2日目☆角田山お山歩編~ 桜 >>

角田山 ~1日目☆美味しい新潟編~

きっかけは数年前に見た1枚の写真。


登山道の先にある真っ白な灯台と青い海の風景は、「こんなに素敵な山があるのか」と内陸部に住む私に軽い衝撃を与えました。

その後、その山が角田山という名前であることと、春には一面カタクリの花が咲くことを知り、行ってみたい山として秘かに心の中で温めていたのです。



今年は絶対に行こう!



車で約7~8時間かかることを内緒にして山仲間へお誘いメール。
はたしてプレゼンは成功し、なんと7人で新潟へ乗り込むことになりました。
b0213806_22514482.jpg




今回は贅沢にも飛行機での旅!
私たちも山に登るのに飛行機で移動するまでになりました~( ・∀・)

小さなプロペラ機で若干ドキドキしながら、セントレアから1時間、新潟の地に降り立ったのでした。


まずはレンタカーに乗って空港からほど近い白山公園へ。
b0213806_22524975.jpg

岐阜の桜は終わってしまったけど新潟は今がちょうど満開です!
b0213806_22525949.jpg

残念ながら青空はないけれど雨予報がはずれただけでも充分(´∀`)
b0213806_20235270.jpg

ここの桜は背が低くて間近で見ることができて良かったですよ~♪
b0213806_22531435.jpg

公園には燕喜館という昔の邸宅がありしばしここでまったり。
b0213806_22532377.jpg

400円でお抹茶もいただけます♪
b0213806_2381030.jpg

お昼ごはんは新潟ラーメンをチョイス。
b0213806_22551183.jpg

久しぶりのラーメン!
最近は、甘いモノやジャンクなモノを食べ控えていたので、久しぶりに食べたラーメンは美味しかった~ヾ(≧∇≦*)ゝ
お腹が満たされたら、お次は芸術の世界へ。
新潟県立万代島美術館のトーベ・ヤンソン展を見に行ってきました。
b0213806_22552094.jpg

ムーミンを生んだフィンランドの作家です。
b0213806_22552984.jpg

トーベの世界は繊細で温かくて哀しくてちょっと不気味。色彩はとても美しい。
その独特の世界に釘付けになってしまいました。


ムーミンたちがどうして海底を竹馬で歩くことになったのか

ムーミンパパの大冒険はその後どうなったのか



今度物語を読んでみたい。
b0213806_23191016.jpg

この机からいろんな世界が生まれたのかな。


なかなか見応えのあるトーベ・ヤンソン展を堪能した後は笹団子を求めて新発田まで。
お店の名前は忘れてしまったけど、近くに宝光寺という桜が綺麗なお寺がありました。
b0213806_23473461.jpg

白山公園もそうだったけど桜が満開なのにこの人の少なさ!
b0213806_23513143.jpg

樹齢350年の枝垂れ桜もあり静かな良い場所で笹団子をパクリ。
b0213806_23522774.jpg

うまーい(´∀`)これぞ花より団子♪
b0213806_23552719.jpg

まったりまったり。
そろそろホテルへ行きますか~


新潟駅近くに予約しておいた本日のホテルにチェックインした後は、てくてく歩いてぽんしゅ館へ。
b0213806_025873.jpg

500円払ってコイン5枚と交換して
b0213806_055376.jpg

気になるお酒を選ぶだけ(*´m`)♪
b0213806_074343.jpg

おつまみはお塩。コイン1枚でキュウリ1本とも交換できます♪♪
b0213806_010958.jpg

ほろ酔いのいい気分でそのまま居酒屋で夕食としました。
b0213806_0201166.jpg

五郎 万代店
b0213806_0221095.jpg

お刺身もノドクロも牡蠣も何もかも美味しかった~!!スタッフもみんな感じが良いです。コスパもなかなか。お近くに寄られたらぜひ!
翌日の朝ごはんにおにぎりも持ち帰り(*´m`)♪


朝からみっちり食べて遊んでもう23時になってしまいました。


本番は翌日の角田山。
出発は朝6時半です。果たして起きることができるのか、各自不安になりながらホテルへ戻ったのでした。



予報どおり、晴れますように…




角田山お山歩編へ続く~
[PR]
by asaasa32 | 2015-04-16 01:17 | 山歩記録
<< 角田山 ~2日目☆角田山お山歩編~ 桜 >>