<< 大雪の中ソースカツ丼を食べる Hermitage >>

北横岳&八島湿原 ~霧氷祭り☆八島湿原編~

北横岳編はこちら



あまりにも素敵な宿に興奮してしまったのか、ドキドキしてなかなか眠れませんでした(笑)
時々吹く強い風の音を聞きながら、ふかふかのお布団の中でモソモソと過ごします。


明日はガイドツアーに参加。


晴れるかな・・・?





八島湿原スノーシュー(長野県下諏訪町)1632m
2014年1月26日









窓の外を見ると真っ白な景色
b0213806_21222048.jpg

前日までの天気予報は曇りやら雪やら雨やら思わしくなかったので、「ああ、やっぱり」とひとつ息を吐く。でも、こんなのも雰囲気があって嫌いじゃないよ♪なんてポジティブに考えていたら、ご主人からガイドツアー決行のお知らせとともに嬉しい情報が\( ・∀・)/


「今日は曇り予報。でも午後に向けて、天気は上り坂ですよ。」



わーい♪わーい♪
じゃあ、もしかして歩いているうちに晴れるのかも!?



期待しつつ、真っ白な世界へ出発~
b0213806_21261679.jpg

ちなみにワタクシ、八島湿原を訪れたのは初めてなので、どこをどう歩いているのかさっぱり分かっておりません( ・∀・;)
b0213806_2130527.jpg

霧ヶ峰は初めてとガイドさんに伝えると、「冬に初めて来る人ってあんまりいない」と驚かれました。
えーそうなの?そうかー。やっぱりみんな夏に来るのかな~??
b0213806_21302324.jpg

辺りはモノクロの世界。
曇り予報のとき、霧ヶ峰高原は霧が発生するんだそうです。霧が多いから霧ヶ峰。そのまんまやんかー(σ・∀・)σ
霧が発生しやすいので、霧氷がたくさん見られるんですって!!

もふもふとした雪をかきわけて、鹿除けのネットをくぐったら
b0213806_21343584.jpg

湿原出現~ヾ(≧∇≦*)ゝ
b0213806_21353853.jpg

ふおぉ・・・       
湿原・・・雪に埋もってる。(←そりゃそうだ)
うん、ガイドさんの言うとおり。湿原が見える季節に一度来ておくとより楽しめそうです(笑)

この湿原は一万二千年をかけてできた大変貴重なもの。たとえ積雪期であっても、湿原の中に入ることは禁止されています。
雪の上であっても、人が入ることによって湿原に重みがかかり、スポンジ状になっている湿原内部から水分が染み出しちゃうのです。そうなるとカラカラに乾いて湿原がただの草原になってしまうんだとか~(((゜д゜;)))


絶対に入らないでくださいね、とガイドさん。
ええ!絶対に入りません!!


さて、湿原周囲はアップダウンこそありませんが90分とそこそこの大きさです。
一周するのもいいけど、それだとただ歩くだけになっちゃうので・・・とガイドさんが適当な道を選んで案内してくれました。
b0213806_2146955.jpg

時々青空がちらちらと見えるようになってきた♪
よしよし、そのまま晴れよ来い♪♪
b0213806_21404164.jpg

今日は積雪直後ということで動物の足跡は少なかったのですが、散策中には鹿、兎、雉を見ることができました。と言っても、私が見たのは鹿だけ・・・鹿、岐阜でも見れるんだよね・・・兎が見たかったな~┐(´ー`)┌
b0213806_2285216.jpg

兎の足跡を見つけたガイドさん
「ここですごくジャンプしてる。多分慌ててたんじゃないかな」と一言。


そうなの!?
兎の足跡は見たことあるけれど、そんな風に考えたことがなくて目からウロコです\( ・∀・)/


「足跡を見つけたら、その動物の気持ちになって足跡を追いかけるんだよ」
普通に歩いてると思ったら急に走り出したり、立ち止まったり。何が起きたのか何を考えたのか想像するのがとても面白いんですって。



うわーそれってすごく良い!!
さすがに足跡を追って走ることはできないけど(遭難しちゃう)、これからはそういう視点で見てみよう(*´艸`)




空はいつのまにかすっきりと晴れて
b0213806_21532438.jpg

向こうの方にひゅっての姿を見つけた途端、ぐう とお腹が鳴る。
b0213806_2154476.jpg

カリー・・・( ・∀・)


見計らったかのように「じゃあ、そろそろ戻りましょうか」美味しいお昼ご飯が待ってますからね~とガイドさん。
b0213806_21562039.jpg

ほんの3時間ほどのスノーハイク。
ひゅってから半径100mとか200mとかくらいしか歩いていないんじゃないかという距離ですが、密度の濃い時間を過ごしました。


ガイドツアー、湿原や動物のこと、いろんな話を聞くことができて楽しかったです(*´m`)♪



ツアー後のお昼ご飯は、ひゅっての特製インドカリー♪♪
b0213806_2203724.jpg

これを食べてしまったら、この旅ももう終わりなんだ。

そう思ったら、またまた名残惜しく、いつもよりもゆっくり食べる。
が、これがまためちゃくちゃ美味しくて止まらない(笑)あっという間に完食┐(´ー`)┌


帰りのタクシーがいつまでも来なければいいのに!なんて思いつつ、ご主人が手配してくれたタクシーはきちんと時間通りに来て
見送るお2人に手を振って、また来ることを誓ったのでした~(´∀`)




北横岳も、八島湿原も、ひゅっての滞在も
総じてのんびり過ごした2日間だったはずなのに、なんだか一週間くらい旅に出ていたかのような密度と充実感。


はー・・・この冬のメインイベントが終わってしまいました。
抜け殻のワシ。

これからどう暮らして行けばいいのか。





とりあえず、溜めに溜めてしまった“ごちそうさん”やら“全豪テニス”やら“相棒”を消化しつつ、次のお山について考えていきたいと思います(´∀`)








また行ってやるんだーい!
b0213806_22115867.jpg

次は春だな(*´m`)♪
[PR]
by asaasa32 | 2014-02-01 12:19 | 山歩記録
<< 大雪の中ソースカツ丼を食べる Hermitage >>