<< 槍ヶ岳 その2 ひさしぶりの山 >>

槍ヶ岳 その1

どこから見ても分かるあのトンガリ



みんなを惹きつけるあのトンガリ




「槍ヶ岳?登ったら見れないじゃん」なんて言って、今まで知らんぷりしていました。



その圧倒的な存在感に、つい逆らいたくなるのがオンナゴコロ(?)





今年は素直になりましたよ(*´m`)♪




こっちへ!!
b0213806_14282162.jpg










槍ヶ岳(長野県松本市)3180m
2013年9月21、22、23日




6:00
ピンと冷たい空気が気持ちいい。
b0213806_1429508.jpg

まだ薄暗い中、ザッザッと足音だけ響かせて横尾まで歩く。
人の波に流されるように歩いていると、後ろのオニーサンが一言



「通勤ラッシュみたい」


ぷぷっ(´∀`)確かに!


b0213806_1430349.jpg

北アルプスへ通勤する人々??



気が急いてしまい、横尾まで2時間というスピードで着いてしまいました。
この後、このスピードが裏目に出るとは夢にも思わず、少し時間に余裕が出たと一安心( ・∀・;)


横尾からなだらかな森を抜け、沢沿いを歩きます。
b0213806_14302486.jpg

「遠い遠い山奥の、ほんの1、2滴の雪解け水が集まってできた川なんだよ」
教えてもらってあらためて見ると、ザアザアと流れていく水が少し怖いやら感動するやら。



自然ってすごい…(´・ω・`)




沢からのひんやりした風と綺麗な水に癒されながら歩く。
この道はすごく好きかも\( ・∀・)/


あ!あんなところにもテント場がある!!
b0213806_14303843.jpg

槍沢ロッジから40分ほど歩いたところに綺麗に整地されたテント場があったのですが、そこから数分歩いた河原にもテントが張ってありました。
テント場の水は使い放題だけど、トイレは1つ。なかなか難易度が高いテント場だわ~( ・∀・;)



トンガリの山頂に立ちたい、大喰岳の周遊がしたい、天狗池を見たい…そんな私たちは、今回は荷物を軽く小屋泊としました。


ここのテント場でゴールとしたいところですが、先はまだまだ長い!!


水俣乗越との分岐を越えると、緩やかに登りが始まります。
b0213806_1431042.jpg

ジリジリと照りつける太陽に白い石が反射して堪える。


あんなに晴れを願ったのに
b0213806_14311064.jpg

暑すぎて、日差しが恨めしい(*´Д`)=з


緩やかな登りなのに体が重い。
調子が上がらない…

そう、上高地から横尾、そして槍沢ロッジまで、比較的平坦な道に安心してハイペースで進んできた疲労が、ここにきてボディブローのように効いてきたのでした。

やっとの思いで天狗原分岐に到着すると、今度は本格的に急な登りが始まります。
ストックに頼っても、10歩進んでは立ち止まり、数歩進んでは立ち止まり…の繰り返し。
b0213806_14312680.jpg

登っても登っても永遠に続きそうな道に眩暈がしてきます。




上高地から6時間弱もダラダラ歩かせておいて最後に帳尻合わせなんて!!






辛すぎる!!




あのチブリ尾根と匹敵するくらいの辛さです。
「槍沢とチブリ尾根の2択ならどちらを取るか?」で答えが出ませんでした(笑)








くそー槍ヶ岳め!!


もう二度と登らんヾ(*`Д´*)ノ≡☆




前方にようやく少しなだらかで広い場所を発見
b0213806_14314936.jpg

「あそこに着いたら休憩しよう」
目標が見えるってすごく楽だな~なんて歩いて
b0213806_1432113.jpg

何気なくふと右手を見ると





b0213806_14322323.jpg







「東鎌尾根もいいけどこっちの道も捨てがたいよ。ずっと歩いていくとさー、いきなり彼が現れるわけ。もうすごいよ!」



北鎌尾根を行くと言っていたオニーサンの言葉を思い出す。





b0213806_14323812.jpg




言葉がない。


ああ…なんて凄い山なんだ。

山での感動は今まで何度も味わったけど、涙が出そうになったのは初めてです。
b0213806_1433036.jpg

ぐっと堪えて見つめる。





さあ!最後のひと登り!!
b0213806_14331237.jpg

今夜のお宿へ向かいますよ~
ヒュッテ大槍はあの稜線上にあって、まだまだ辛い登りは続きますが
彼を見た私たちはもう大丈夫(*´m`)♪

辛い登りに対する悪態とそれ以上に対する感動を喋るくらいの元気は出ましたから(笑)
さっきまでは呻き声すら出なかった…


ところで、前日までは
「山頂はともかく天狗池は絶対行きたい!!」と言っていた友人が、ここに来て「天狗池はもうどうでもいい。ここまで来たら絶対に山頂に行く!!」と言い出しました。



やったー\( ・∀・)/
どうやって説得しようかと考えていたところでした。
よしよし♪
b0213806_14332876.jpg

紅葉が始まった山肌を通り抜けたら
b0213806_14334196.jpg

15:00
ヒュッテ大槍到着♪
b0213806_1434376.jpg

温かいコーヒーを飲みながら
b0213806_1434199.jpg

明日はあの山頂へ行く!!と決意したのでした(´∀`)



その2へ続く
[PR]
by asaasa32 | 2013-09-24 14:52 | 山歩記録 | Comments(4)
Commented by jandy1969 at 2013-09-24 22:38 x
こんばんは!
槍沢だったんですねー。
自分は飛騨沢から登りました。
2日目に○○でしたらお見かけしたのかも。
つづきが楽しみです。
Commented by mikko at 2013-09-24 22:52 x
こんばんは~
お天気に恵まれたみたいですね~
登山道の通勤ラッシュ(笑)にびっくりしました。
先週の連休が残念なお天気だったので集中したのでしょうか。

ヒュッテ大槍まで一気に登っちゃったのですね。
小屋泊装備としてもすごいな~
ここまで登っちゃえば(登れればですが・・・)翌日の山頂アタックが楽ですものね。

あの槍のトンガリくんが見えた瞬間は感動しますよね~
ずーっと見えないのに突然現れるんだもの。。。
見えてからがまた長いんだけど・・・

山肌の紅葉も綺麗ですね~
槍のトンガリと紅葉と両方楽しめちゃったなんてラッキー!
続きを楽しみにしています。
Commented by asaasa32 at 2013-09-25 21:12
jandy1969さん、こんばんは♪

jandyさんは飛騨沢でしたか~
あちらの道もかなりハードそうですねぇ( ・∀・)

さてさて、お会いしてますでしょうか・・・ちょっとドキドキ!
Commented by asaasa32 at 2013-09-25 21:22
mikkoさん、こんばんは~♪

槍沢ハードでしたぁ(*´Д`)=з
双六岳とほぼ同じ行動時間で小屋泊装備なら楽勝~♪なんて思っていた私はまだまだ未熟者でした(笑)

ババ平でテント張って、翌日一気に登るのもなかなかハードだと思いますよ~

でも、あのトンガリが見えた瞬間は本当に感動ですね!!
おかげでまた行きたいなんて思ってしまっています(*´m`)♪


通勤ラッシュは私も初めての経験でした(笑)
<< 槍ヶ岳 その2 ひさしぶりの山 >>