<< 私のカメラケース♪ 双六岳 その2 >>

双六岳 その3


その1はこちら
その2はこちら





双六岳(岐阜県高山市)2860m
2013年8月3、4日







寒い




0時頃ふと目が覚めました


今回、夏真っ盛りなので、暖かいと思ってインナータイツを持って来なかったのです
ダウンジャケットを足に巻きつけたりと試行錯誤していたとき(なぜかこの時カッパを履くという案がなかった笑)、ふとテントの中から外を覗いてみると満天の星空が!!




わほー\( ・∀・)/
天の川まで見えます


見たい…でもシュラフから出たくない
ずりずりと上半身だけテントの外に出て仰向けに寝転がる




流れ星を見たら寝よう
こんなに綺麗な星空なら、明日は晴れるよね♪








・・・思いは空しく、翌朝はガスで真っ白でした






そんなぁ~。゜(゜´Д`゜)゜。





山頂に着く頃に晴れることを期待して



5:15
双六岳へ出発です
起きたばかりですからね、意識してゆっくり登りますよ〜
b0213806_21162858.jpg




出発してすぐの道は少々急で大変ですが、ゆっくり登れば大丈夫
b0213806_21181821.jpg

すぐに視界が開けて、稜線ルートと中道ルート(&三俣蓮華へ)の分岐となります
b0213806_21183538.jpg

前日小屋でオススメルートを聞いたら、稜線ルートで登って中道で下りたらどうかな?と教えてもらっていましたので
稜線ルートを選択~♪
b0213806_21185011.jpg

なかなか険しい道ですが、気を付けて登れば危険なところはありません
b0213806_2119333.jpg

よじよじ登ったら
b0213806_21191793.jpg






真っ白でした
b0213806_21193029.jpg






ひゅ~るり~( ・∀・;)





このまま進んだら、どっか別の世界へ行ってしまいそうな雰囲気
b0213806_21202870.jpg

白い世界をテクテク歩きながら、きっと山頂に着く頃には晴れるはず


と思っていたら

うっすらと標識が見えてしまい

太陽が出てくる前に
6:10
山頂到着
b0213806_2120517.jpg

着いてしまっただよ



ふふふふ…



あまりの真っ白っぷりに笑いがこみあげてきました
私って、どうせこんなもんです┐(´ー`)┌




中道で下る予定でしたけど、景色も何もありませんので来た道で帰りまーす
b0213806_212189.jpg

よじよじした岩場を慎重に下りて
b0213806_21212294.jpg

7:10
小屋到着
ガスで真っ白だったけど、風が強くなくてラッキーでした
小屋で頼んだホットカルピスで一息ついたらテント撤収して帰ります


撤収作業中から、雨が本格的に降り出してきて本降りの中
8:45
下山開始
弓折乗越までは、行きと同じくアップダウンの繰り返し
b0213806_21214834.jpg

雨は10時半に鏡平に着く頃にようやくあがりました




天気予報は晴れだったのに、なにさっヽ(` Д´*)ノ





頑張ったわりには報われ度が低くて、若干ふてくされながらの下山



そんな気分を救ってくれたのも、通りすがりのオトーサンオカーサン達でした
雨の中でも楽しそうなんですよね



「頑張ったわねー」


と声をかけてもらえるだけで、気分が上がる私はなんて単純なんだろう


2日間歩き通した足に小池新道は容赦なく私の前に立ちはだかりますが、すれ違うオトーサンや追い越したオカーサンたちの励ましのおかげで気持ちは元気に下りることができました


13:20
わさび平小屋でオレンジを食べて
b0213806_21222655.jpg

15:00
無事下山♪




行きと同じくタクシーで鍋平まで戻りました
電話してもなかなかつかまらず途方に暮れていたのですが、偶然通りがかったタクシーに乗ることができてラッキーでした






鏡池の逆さ槍も、双六岳からみた槍ヶ岳も、楽しみにしていたものは全然叶わなかったけれど、あんなに遠いところまでテントを担いで行けたことは自分の自信になりました!

お山の選択肢が増えるのが嬉しいな~


鷲羽岳と眼前のちんまりした双六小屋の姿も素敵で良かったよね(´∀`)





またリベンジだーい




そのときは、三俣蓮華まで…いやいや、雲の平まで行ってやる\( ・∀・)/
妄想は自由(笑)
[PR]
by asaasa32 | 2013-08-08 20:49 | 山歩記録
<< 私のカメラケース♪ 双六岳 その2 >>