<< 双六岳 その3 双六岳 その1 >>

双六岳 その2

その1はこちら




双六岳(岐阜県高山市)2860m
2013年8月3、4日




13:00
鏡平を出発すると現れるのは急坂
b0213806_23185594.jpg




あまりにも急なので何も考えないように、次はあの石、その次はあの木の根…と本当に一歩一歩ゆっくり登ります




「みんなぁ、この登りは30分もすれば終わるでな!!」




前を行く24名ほどの団体さんの中の陽気なオトーサンが大きな声で叫ぶ

嬉しくて思わず
「ほんとに!?やったぁ!!」
と叫ぶ私に、「そうやそうや。そしたらなあ、あとはずっとなだらかやでな」とオトーサン


結論から言うと、確かにそのすごい急登は30分ほどで終わったけれど、まだまだ登りは続くし、双六小屋までは小さなピークをいくつも超えたので



オトーサンめ、かなりざっくり説明したな(笑)




となりましたが、その一言で救われたのは確か(´∀`)
結局この団体さんとは、くろゆりベンチまでずっと一緒に(最終的には団体さんの間に入りこんで笑)歩いたのでした~
誰もなんにも言わないんだもん




双六岳に登る人たちは、みんな優しい



小池新道を登っているときも、すれ違う人すれ違う人ほとんどと言っていいくらいたくさんの人たちに



「おつかれさま!」

「がんばって!」

「(ゴールまで)あと少しやとは言えんけど…(笑)頑張ってな」



と励ましてもらいました
ほかの山でも励ましてもらうことはありますけど、今回は特に多かったです
おかげで仲間同士で励まし合う必要がなかった(笑)



「こんな若い人が来てくれるようになって嬉しいわぁ」
なんか…私はただ好きで山を歩いているだけなのに、そんな風に声をかけてもらえるなんて、こちらこそ嬉しいなあ


14:00
弓折乗越到着
b0213806_239822.jpg

真っ白だった空の隙間からちらちら存在感を増していた太陽と青空が、ここにきてお目見え!!
ガスが晴れてきました
b0213806_2393053.jpg

この頃からお花もたくさん(*´艸`)
b0213806_239403.jpg

二つか三つほどの小さなピークを超えて、小さな雪渓を渡ったら突然目の前にはお花畑が広がっていました~
b0213806_2395713.jpg

すごい景色だー\( ・∀・)/
鷲羽岳とお花畑のコラボです!!
b0213806_23101967.jpg

さらにピークを越えたとき…
b0213806_23102910.jpg

背後に鷲羽岳を従えた双六小屋が見えました~ヾ(≧∇≦*)ゝ


朝7時から歩き続けて8時間半…ここも十分に秘境です



心配していたテント場は、まだ空きがありそう!


見えてからが長いと言われていた双六小屋ですが
b0213806_23104743.jpg

どんどん近づいてくる小屋を眺めながら歩くことができて良かったなあ
b0213806_23105885.jpg

15:30
小屋到着~♪
テントは設営してから受付に行けばオッケーです

まだまだ空いてるじゃん!と思ったところは、実は傾斜があったり、整地されていなかったりで空いてるのでした~( ・∀・;)

なんとか比較的なだらかなところを見つけて、設営し、受付し、鷲羽岳を眺めながら小屋で購入したチョコレートビスケットをむさぼり食べる
b0213806_23112629.jpg

凛々しいな~(*´m`)♪
b0213806_23113852.jpg

あそこまで行ける日がいつか来るのかな?


テントに戻って、地図を眺めながらさらにおやつをむさぼり食べていたら(←食べすぎ?)、いつの間にか寝落ちしていたのでした~(笑)






その3へつづく~
[PR]
by asaasa32 | 2013-08-07 21:43 | 山歩記録 | Comments(6)
Commented by marukosolt at 2013-08-07 22:31
こんばんは~♪
鏡平超えてからの坂結構きついですよね~。
自分たちも結構なめてましたねぇ。(^^;)
その先にお花畑、きれいです。
自分たちの時は花畑は終わりでしたからねぇ。
続き楽しみにしてます(^^)
Commented by tatsu_m1113 at 2013-08-08 06:10
asaasa32 さん こんにちは!

こちらは北アルプス山行のっけから予報ハズレの土砂降りに打たれ、気持ちが完全に折れてしまって途中で引き返してきました(苦笑)

まだ前半おわったばかりですが、去年同コースを歩いた時の記憶を辿りながら読んでます。
秩父沢の冷たくて美味しい水、一面の花畑、しんどい登りのあと双六小屋が見えた時の感動を思い出しました。続きも楽しみにしてますね。

僕もこのままでは夏休みが無駄になってしまうので、今から近場の山に行ってきます(笑)
Commented by asaasa32 at 2013-08-08 20:57
marukosoltさん、こんばんは~

marukosoltさんたちが登られた時期は、紅葉が素敵で羨ましかったですよ~その時期にもぜひ訪れてみたいです♪

鏡平までも長くて、「やっと着いたー!!」と思ったら、あの急坂ですもんね
愉快な団体さんと一緒になった気が紛れましたけど、自分たちだけだったら結構めげていたかもしれません

次回リベンジはぜひ三俣蓮華まで足をのばしたいと思います(*´m`)♪
Commented by asaasa32 at 2013-08-08 20:58
tatsu_m1113さん、こんばんは♪

そうですそうです!
今回の山歩きの唯一の感動がまさに“秩父沢の水、お花畑、急登後に見えた双六小屋”でした~山頂の展望だけが心残りですが行けただけでも満足しています(´∀`)


tatsuさんの夏休みは今週だったのですね~直前の予報では1週間晴れマークが続いていたのに、本当に変な天気です
雨でも楽しめるtatsuさんが引き返すとは、よほどの土砂降りだったのですね~残念ですが何事もなくて良かったです(´・ω・`)


次回のお楽しみの山が増えたと思って…残りの夏休み、楽しんでくださいね~!!
Commented by sablet at 2013-08-09 12:45 x
あー。マメにblogをUPしてらして、ホント尊敬します!!!

双六、水晶、鷲羽あたりは来年の夏かなぁ・・・羨ましい!
予習させてもらいました(*´∀`)
行きたいところが一杯で困っちゃいますw
Commented by asaasa32 at 2013-08-09 21:09
sabletさん、こんばんは!

いえいえ、写真整理と同時に書いちゃってるので・・・ついでに思い出しながら楽しんでるって感じです(´∀`)


私も来年夏にあの辺を歩きたいですね~(*´m`)♪

sabletさん、この夏はどこへ行かれたんですか!?内緒にしてないで早くUPしてくださいな~
<< 双六岳 その3 双六岳 その1 >>