<< 奥穂高岳その3 奥穂高岳その1 >>

奥穂高岳その2

奥穂高岳(長野県松本市、岐阜県高山市)3190m
10月3、4、5日



その1はこちら

2日目
メンバーの1人がこの夏北穂へ登っていたのと、どうせ北穂に行くなら北穂高小屋に泊まりたいよね!
ってことで、今回登山計画では、奥穂~前穂の縦走予定になりました
b0213806_20461924.jpg

5時出発の16時帰着
11時間の行動予定ですヽ(´Д`;≡;´Д`)丿





前日の夜、慣れないシュラフ(しかもテントはぎゅうぎゅうの3人収容)に苦労してすっかり入ってしまってから


「明日何時起きやっけ?」(爆)


計画書今手元にナイ( ・∀・;)
テントの外に置いてあるザックの中・・・


誰も起きず(笑)
5時起きだった気がする!!ということでアラームをセットして就寝したのです
良い子はマネしちゃイケマセンヾ(*`Д´*)ノ≡☆

5:20
周囲がざわめき始めてようやく目が覚める
アラームは鳴ったけど気がつかず

モルゲンロートだ~\( ・∀・)/
b0213806_20473418.jpg

お見事~
b0213806_20475854.jpg

山がバラ色です
b0213806_20481196.jpg

しっかり堪能して朝ごはん♪
昨夜の残りのチゲ鍋の素にラーメン&ワンタン投入です
b0213806_2048386.jpgb0213806_204914.jpg






















これまた胃に“カッ”ときて、朝から目が覚めます(*´m`)♪


食べながら、計画書を確認



ん?
5時出発(´・ω・`)??


5時過ぎに起きたよ??



ぎゃひーん(((゜д゜;)))



地図を確認





うん!
前穂は無理( ・∀・;)



計画変更
奥穂ピストンでこの雲一つない青空を楽しもう♪
きっと絶景が待ってるハズ~
b0213806_20504951.jpg


8:00
奥穂高岳へ出発
b0213806_20514436.jpg

真っ青な空と奥穂
b0213806_2052323.jpg

霜のお化粧
b0213806_20521960.jpg

登り始めで若干体が重いけど、こんな景色を見せられたらテンション上がって頑張っちゃいます!
b0213806_20523484.jpg

ザイテングラートを越えたら穂高岳山荘に到着です
b0213806_20524818.jpg

えっ!
あれがザイテングラートなんだ
名前のイメージからもっとざらざらした砂まみれの道を想像してました
あんなにこんもりした森みたいなとこを通るんだ~
森だなんて大きな間違いでした

ザイテンに取り付くまでも結構大変
b0213806_2055619.jpg

見えてきました
b0213806_2055247.jpg

何アレ(((゜д゜;)))
あれを登るのか

おおぅっ
b0213806_20561053.jpg

なかなかの道
b0213806_20563518.jpg

落石させないように
b0213806_20565316.jpg

自分が落ちないように
b0213806_2057950.jpg

慎重に登ります
b0213806_20572572.jpg


11:00
穂高岳山荘到着(*´Д`)=з
b0213806_20575483.jpg


ザイテンを登っている途中、右足を怪我されて下りるのに苦労しているおばあちゃんとすれ違いました
73歳だというその女性、バランスを崩して転んでしまったようです
「来なきゃ良かった」
と呟いておられ、それを聞いた時にとっても悲しい気持ちでシュンとなってしまいました

また行こう、行きたいなと思えるといいんだけど・・・

私たちが下山した涸沢小屋の手前でそのおばあちゃんに追いつきました
ほぼ1日かけて下りて来たの!?
73歳で1人で奥穂に来れるほどの強いおばあちゃん
翌日の朝もヒュッテでおみかけしたので、自分の力で下りるつもりなんだとびっくり
(夕方にヘリが来て、骨折したらしい人を乗せて行ったので、一緒に乗って下りてくれてたら・・・なんて思っていたのです)


別のおじいちゃんで、ザイテンを越えてほっとしたらバランスを崩してストックで顔を怪我された方も・・・

きゃっきゃ言いながら登って下りてしまったわけですけど
もちろん気をつけながら・・・です
一歩間違えば取り返しのつかないことになる、そんな山に登ってるんだ

“楽しく安全に”

これからもずっと山で遊ぶために気をつけないと(´・ω・`)




軽く行動食を摂り
11:50
奥穂高岳へ出発でーす


その3へつづく
[PR]
by asaasa32 | 2011-10-09 10:02 | 山歩記録
<< 奥穂高岳その3 奥穂高岳その1 >>